BT

マネージャーはリーダーとして、どのようにチームをより成功させるのか

| 作者: Marta Jasinska フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2012年6月24日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2012/06/21)へのリンク

先月、Rothman Consulting Group Inc.のコンサルタントで著者のJohanna Rothman氏が自身のブログに、マネジメントとリーダーシップに関する短い記事を投稿した。マネージャーとリーダーの役割の違いに関する多数記事ひとつに対し、彼女はこう主張する。「マネージャーはリーダーでなくてはなりません。マネジメントとリーダーシップのどちらかを選ぶことはできません。両方を持たなくてはならないのです」。マネジメントとリーダーシップの2つのスキルセットを組み合わせるという考えは新しいものではない。しかし、この投稿の妥協のない論調と、片方が欠けるともう片方も効果的にできないという主張は、かなり賛否両論を呼ぶことになった。リーダーに関する議論について、彼女は自身の立ち位置をもっと詳しく説明しようと、二つ目の記事を投稿した。
Rothman氏によると、マネージャーには3種類あるという。プロジェクトマネージャー、プログラムマネージャー、そしてラインマネージャーだ。それぞれの役割には、ある一定レベルのオペレーションに関するビジョンや戦略を設定し、それを推し進める能力が必要になる。しかしRothman氏は、マネージャーはマネージできるだけでなく、リードもできなくてはならないと主張する。マネージャーは決定をしたり、アイデアや計画をチームに提示したりする必要がある。彼女はまた、リーダーシップはマネージャーだけに期待されるものではない、マネージャーでないが成功するリーダーもあり得ると説明する。「リーダーシップは組織のどこからでも生じ得ます。(...) しかし、リーダーシップなきマネジメントというのは、マネジメントの重要な部分が欠けているのです」と彼女は断言する。Rothman氏は、マネージャーがリーダーとしての責任を果たしていないと、ほかのメンバーがチームを生産的にする責任を果たすことになると指摘する。ビジョンを持ったマネージャーに率いられたチームの方が、ずっと成功するチャンスがある。
Rothman氏は読者との議論のなかで、彼女の見方が2つの役割はかなり違うという一般的な見方とは逆であることを認めている。Wall Street JournalのWebページに掲載された記事について、彼女はこう言っている。「この記事は間違っていると思います」

 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT