BT

F# 3.0の新機能紹介

| 作者: Anand Narayanaswamy フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2012年8月7日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2012/07/31)へのリンク

 

今度の.NET Framework 4.5には、F# 3.0 (F Sharp) 言語に型プロバイダLINQクエリといったコア機能に加えて、新しい型属性、三重クォート文字列リテラル、オートプロパティ、未使用変数の警告といった新機能が取り込まれる。

新たにF# 3.0で導入された [<CLIMutable>] 属性をF#レコード型に付与すると、コンパイラは生成される中間言語にデフォルトコンストラクタとプロパティセッタを発行する。

「[<CLIMutable>] 属性は、WPFデータバインディングやEntity Frameworkシナリオで役立つでしょう」と、MicrosoftのVisual Studio F#開発者、Brian McNamara氏は言う。

F# 3.0には三重クォート文字列リテラルが導入される。三重クォートで囲まれたコードはすべてverbatimを保たれ、エスケープできない。この機能を使うことで、開発者はXAMLを文字列リテラルとして追加でき、XMLコードをプログラムにデータとして埋め込んだり、型プロバイダへの引数として大きな文字列を渡すのに役立つ。

「私はF#でコードを書いて4年になりますが、F#がVisual Studioで完全にサポートされ、F#がメインストリームになるのを見ることができ、本当にうれしいです」とM-Braceのリードエンジニア-アーキテクトのNick氏は言う。

F# 3.0には、以前のバージョンと比べて改善されたオートプロパティも含まれている。開発者は以下のように1行のコードでこれを利用できる。

type MyClass() = member val Y = 0 with get, set,

上のコードでは、member valがオートプロパティを意味しており、Yの値が=の後ろに宣言されている。

「私はF#を使って2年以上になりますが、すごく気に入っています。以前はC#で開発していて、最初の切り替えはショッキングでしたが、その価値はありました」と、ソフトウェア開発者のHuw Simpson氏は言う。

F# 3.0にはコマンドラインオプションを使って警告ナンバー1182をアクティベートできる新機能が導入されている。これを使うと、コードに未使用変数があれば、F#コンパイラが警告を出してくれる。Visual Studio 2012では、プロジェクトのプロパティダイアログのビルドタブのその他フラグフィールドに--warnon:1182を追加することで、この機能をアクティベートできる。

100,000行もある巨大なプロジェクトでは、未使用変数の警告はバグを発見するのに役立つかもしれないと、MicrosoftのVisual Studio F#開発者McNamara氏は言う。

 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT