BT

Ready for InfoQ 3.0? Try the new design and let us know what you think!

ASP.NETは、LESSとCoffeeScriptのサポートを追加する

| 作者: Jonathan Allen フォローする 655 人のフォロワー , 翻訳者 尾崎 義尚 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2012年10月10日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2012/10/05)へのリンク

 

ASP.NETロードマップは、VS2012後のプランで更新された。次期の機能は、OData機能とMVCの新規/更新テンプレートにフォーカスされている。最大の変更は、Upshot.jsとWeb APIベースのDataControllerをサポートを落としたSingle Page Applicationsテンプレートである。

その実験にリソースを費やす代わりに、Microsoftはこれらのツールとテクノロジにフォーカスしている:

  • LESS: 動的な振る舞いをサポートしたCSSエクステンション
  • CoffeeScript: JavaScriptにコンパイルできる言語
  • Knockout.js: JavaScriptのMVVMフレームワーク
  • Mustache: 宣言型のデータテンプレート
  • HandleBars: Mustacheテンプレートと互換性のあるセマンティックテンプレート
  • JSONをクラスとして貼り付け

CoffeScriptに関しては、Mads Kristensen氏は“私たちは、エディタで作業しており、コンパイラやデバッガはない”と話している。それ以外については、どの程度のレベルでサポートされるのか公表されていない。ロードマップが、リソースが完全に割り当てられた状態に更新されることを期待したい。

ちなみに、Upshot.jsとそのDataControllerは、必ずしもなくなったわけではない。“もしSPAのエクスペリエンスの追加のライブラリが必要な場合”、将来、Microsoftがプロジェクトを復活させるかもしれない。

通信フレームワークSignalRはまた、“SignalR接続を追加するアイテムテンプレートと、ASP.NETアプリケーションへのハブと同様にASP.NET MVCとASP.NETとを統合する完全なプロジェクトテンプレート”を手に入れた。

セキュリティ面でASP.NETチームは、Windows Azureで実行されているWebサイトへのWindows認証のサポートを追加仕様としている。これには、Windows Azure Active Directoryがセットアップされている必要がある。

多くのWeb APIの機能に磨きをかけようとしている。運用チームでさらに重要なのは、診断とSystem.Diagnostics、ETW、NLog、Log4Netなどのロギングがフックできるようになることである。

開発者にとっては、WSDLベースのコード生成されたコントラクトにアクセスすることなく、純粋なAPIドキュメントはもっとも重要である。Web APIでは、新しいWeb APIのヘルプページ生成機能に位置づけられている。

Web APIヘルプページ生成は、簡単にリッチなWebベースのドキュメントを、リソースURI、許可されているHTTPメソッド、期待しているパラメータとサンプルメッセージペイロードを含めて生成することができる。

最後に、ODataは新しいURIパーサーを手に入れた。“開発者は、ODataクエリセマンティクスをコントロールすることができるようになる。ODataエンドポイントは、新しいODataフォーマッタ、メタデータコントローラ、モデリング機能を使って任意のデータソースに実装することができる。”

 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション
BT