BT

InfoQ ホームページ ニュース Java EE 7の専門家ブループがコミュニティからのフィードバックを求めている

Java EE 7の専門家ブループがコミュニティからのフィードバックを求めている

Leia em português

Lire ce contenu en français

ブックマーク

原文(投稿日:2012/11/14)へのリンク

 

JSR 342として、Java EE 7の仕様は、初期ドラフトレビューを終え、専門家グループは、多くの未解決問題に関してコミュニティからのフィードバックを強く望んでいる。これらの中には、Java EE Full/Web Profileに追加すべき新しいAPIやいかにもっと上手く、CDIを Java EEと折り合いをつけるものも含まれている。短い調査結果がここにある。

Java EE 7のスコープは、かなり縮小された。特に、PaaSプロバイダー向けのEE7のマルチテナント サポートを強化する計画は、Java EE 8に据え置かれた。この仕様には、まだ幾つかの重要なアップデートが含まれている。その中には、バッチ処理、JCACHE(長寿命の一時キャッシングAPI)、新規のJSON処理向けAPI、Web ソケット/HTML5サポートなどに向けた新しいAPIが予定されている。

更に、3つの古いAPIも大幅に整備された。

  1. Java API for RESTful web サービス用の Java APIであるJAX-RS 2.0には、新クライアントAPI、サーバーサイド非同期HTTP、フィルター、インターセプターが加わった。
  2. Expression Language 3.0には、4. webコンテナ外でのEL実行, 新規オペレータ,4. ラムダ式のサポートその他が加わった。
  3. JMS 2.0は、簡素化に重点をおいており、その中には、 JMSオブジェクトにJava 7の java.lang.AutoCloseableを実装することや、 Java EEのJMSリソースの定義をより簡単にすることが含まれている。更に JMSXDeliveryCountが必須になる予定で、アプリがポイズンメッセージの処理をより簡単にできるようになる。新フィーチャには、JMSクライアントがメッセージの配信予定をスケジュールし、メッセージを送信し、確認応答がサーバーから受信されるまでブロックせずにすぐに戻るように、できる機能が含まれている。

予定されているアップデートの全リストが以下である。

  • Javaプラットフォーム用のバッチ・アプリケーション (JSR 352)
  • Beanバリデーション 1.1 (JSR 349)
  • コンテキストと依存性注入(CDI)1.1 (JSR 346)
  • エンタープライズJavaBeans 3.2 (JSR 345)
  • Expression Language 3.0 (JSR 341)
  • JSON処理用のJava API (JSR 353)
  • RESTfulなWebサービス用のJava API 2.0 (JSR 339)
  • WebSocket用のJava API (JSR 356)
  • Java Message Service 2.0 (JSR 343)
  • Java Persistence API 2.1 (JSR 338)
  • JavaServer Faces 2.2 (JSR 344)
  • JCACHE Java 一時キャッシング API (JSR 107)
  • Java サーブレット 3.1 (JSR 340)

Java EE 6は2009年12月10日にリリースされた。すなわちEE 6とEE 7のリリース間のギャップが3年以上になり、仕様書の歴史の中で最長 である。

 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

特集コンテンツ一覧

.NETエコシステムの紹介

David Pine 2019年11月7日 午後7時48分

アジャイルこそが問題なのか

Mo Hagar 2019年8月28日 午前3時50分

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。