BT

.NETのこれまでとこれから

| 作者: Jeff Martin フォローする 16 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2012年11月6日. 推定読書時間: 4 分 |

原文(投稿日:2012/11/01)へのリンク

 

WinRTの登場とSilverlightの陰りを見ると、NETの人気やその人気を背景にしたMicrosoftのサポートが縮小しているのではないかと考える開発者もいるだろう。NETの中心的な言語はC#だが、C#の開発者であるAnders Hejlsberg氏の新しいプロジェクトはTypeScriptだ。この予想外の展開はBrandon Bray氏の"The Evolution of .NET"と題したプレゼンで発表された。氏のプレゼンは.NETに蓄えられたものを示すものだった。

Bray氏は.NETグループプログラムマネージャだ。氏は2000年のProfessional Developers Conferenceの発表から現在の状況に到るまでの.NETの歴史を振り返ることからプレゼンを始めた。2002年2月の.NET Framework 1.0のリリースから今年で10周年になる。

.NETには永久的なテーマが3つあるとBray氏は言う。

  1. プラットフォームと産業のトレンドを幅広くサポートする
  2. Time to solution getting better
  3. ランタイムとライブラリの性能改善

Bray氏は.NETの歴史と共に働いてきた中で、 Silverlightが"重要な役割を果たした"こと見てきた。氏が言うにはSilverlightから得られた知見はWindows PhoneとWindows 8に生きているそうだ。

Framework 4.5が3ヶ月前にリリースされてから、400万回もダウンロードされ、このプラットフォームの人気を示している。Bray氏によれば現在の開発者は次のような特徴を求めている。

  • ビジネス互換アプリケーション: ITのコンシュマライゼーションの反映。私用のデバイス(電話/タブレット/ラップトップ)を仕事に持ち込むために必要な機能。私用のデバイスを仕事で使うのは企業の世界のトレンドだ。
  • 高速&流れるような経験: これはユーザインターフェイスの性能だけではない。アプリケーションの使い方が簡単にわかることも含む。
  • モダンな接続されたアプリケーション: デバイスからデータを取得しウェブ/クラウド、ディスクトップに送る。

Bray氏が言うには開発者の視点から見れば、複数のプラットフォームをターゲットにする機能がほしい。Windows Phone、ウェブ、クラウド、Windows 8などのプラットフォームだ。ユーザと開発者のニーズが.NET Frameworkが提供しようとするものを定義する。

性能改善

Bray氏は.NET 4.5のバックグラウンドガベッジコレクション、マルチコアJIT(just-in-time)コンパイラを紹介した。Bingチームによる新しいバックグラウンドガベッジコレクタの導入よって、古いGCでは平均8%だった停止が2%へ低下した。マルチコアJITはASP.NETでは自動的に有効になるが、開発者はProfileOptimizationクラスを使ってアプリケーションにマルチコアJITを追加することができる。

.NET 4.5にアップグレードした結果発生するDLL Hellを気にしている開発者はMicrosoftに確認するといいだろうとBray氏は言う。Microsoftは認識済みの問題を積極的に解決しようとしているからだ。

Windows Phone 8の.NET: クラウドでのコンパイルの利点

Windows Phone 8についてBray氏は次の改善が行われたと言う。

  • CoreCLRがNETの基盤になった
  • NET4.5の互換性が搭載された
  • クラウドでのコンパイルによってアプリの起動が速くなる

クラウド上でコンパイルすることでWP8を搭載するハードウエア上で動作するアプリの速度は2倍になるという。以前は事実上電話をコンパイラとして扱っていたが、これだと性能とバッテリが最適化されない。クラウド上のコンパイラを利用することで、MDIL(マシン依存命令言語)へコンパイルをアウトソースする。MDILコンパイラはMDILアセンブリを生成し、電話に配置する。

将来

Bray氏は.NETのプラットフォームの将来については保留した。新しい機能について公表したくないからだ。しかし、氏はMicrosoftは.NETを支えており、.NETは同社のプラットフォームの不可欠な一部である、と繰り返し主張した。“私たち(Microsoft)は.NETの成功を求めています”

仮定が変われば.NETプラットフォームの将来も変わる、とBray氏は言う。将来に取り組む領域は、

  • デバイスのエクスペリエンスを改善する(Windows Phone、タブレット)
  • クラウドのエクスペリエンスを最高にする
  • 異種混合の開発
  • マルチプラットフォームをターゲットにする

具体的なことはアナウンスされなかったが、いくつかの興味深いヒントが示された。Silverlightからの教訓が得られたように、Singularityプロジェクトも異なるプロジェクトへの用途を見つけたようだ。今年の8月、Channel 9のユーザである“Felix9”は、WP8のMDILは以前はSingularityのBartokコンパイラとして現れたものだと指摘している。

 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

特集コンテンツ一覧

.NETの派生を理解する

Wayne Citrin 2018年7月18日 午前3時44分

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT