BT

Visual Studio 2012における.NET Compact Framework 3.9のサポート

| 作者: Anand Narayanaswamy フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 尾崎 義尚 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2012年11月19日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2012/11/18)へのリンク

 

Microsoftは、まもなくリリース予定のWindows Embedded Compact 2013に含まれる.NET Compact Framework 3.9 (NETCF 3.9)を発表した。これには、アプリの起動時間の改善、メモリの使用率と管理の拡張、Visual Studio 2012では、新しいガベージコレクタの補助によるアプリの高速なビルドをサポートしている。

NETCF 3.9ではマルチコアハードウェアがサポートされ、組み込みデバイスでマルチコアを活用できる。また、よりコンパクトな命令によりアプリを高速化できるThumb2命令セットのサポートも含まれている。また、ランタイムはアプリのパフォーマンスを拡張するARM VFP命令を活用することができる。

ランタイムは、共有サーバーをサポートしており、共有のロード済アセンブリによるアプリの起動時間が改善され、アプリをまたいだJITマシンコードとまたメモリ使用量の削減が可能になっている。この機能は、デバイス上で複数のアプリが同時に実行されているときに有益であり、またバッテリーの寿命も向上させることができる。

.NET Compact Frameworkの Program ManagerであるAbhishek Mondal氏によると、“アプリのパフォーマンスは大幅に向上する。なぜなら、新しいガベージコレクタはテストフェーズにおけるGC時間を50-60%削減し、また停止を削減したことにより30-40%高速なアローケーションを提供する”

前述の通り、NETCF 3.9にはVisual Studio 2012のサポートが含まれており、開発者はひとつの開発環境で、Windows、Windows PhoneとWindows Embedded Compactアプリを開発することができる。また、組み込み開発者はVisual Studio 2012に含まれているALMツールとTFS を活用することができる。

Abhishek氏によると、Windows Embedded Compact 2013が実行されるx86ARMデバイスの両方でパフォーマンスが改善されるという。

 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT