BT

InfoQ ホームページ ニュース WCF Data Services 5.2.0でUriParserをサポート

WCF Data Services 5.2.0でUriParserをサポート

ブックマーク

原文(投稿日:2012/12/20)へのリンク

 

Microsoft は先日、抽象構文ツリーを結合したメタデータに$filterと$orderby表現を解析する機能を提供するODataLib ContribからUriParserをサポートしたWCF Data Services 5.2.0をリリースした。これは通常、WCF Data ServicesとWeb APIといった、高いレベルのライブラリで使われている。

filter表現の解析は、FilterClauseオブジェクトを返すParseFilter()メソッドを使う必要がある。このメソッドは以下の4つの引数を受け付ける。

public static FilterClause ParseFilter(string filter, IEdmModel model, IEdmType elementType, IEdmEntitySet entitySet)

FilterClauseオブジェクトのExpressionプロパティには、filter表現の抽象構文ツリーのルートノードが含まれている。単純なswitch-caseプログラムでは、Kindプロパティを使ってノードを解析することができる。

orderby表現の解析は、ParseFilter()メソッドに非常に似ているODataUriParser.ParseOrderByを使う必要がある。MicrosoftのProgram ManagerであるAlex D James氏は、彼のブログで、ODataUriParserを使った $filterと$orderbyの詳細機能を検証した。

WCF Data Services 5.2.0は、非常に巨大なモデルのコード生成でVisual Studioがクラッシュするバグフィックスを提供する。また、新しいJSONフォーマットでIgnoreMissingPropertiesが正しく動作しない問題と、クライアントが新しいJSONフォーマットを使うように設定されている場合、Atomレスポンスが読み込めない問題も修正されている。最新のリリースでは、サービスモデルがenumプロパティを公開してよりよいエラーメッセージを提供する。

"私たちは、全体の安定性とWCF Data Servicesのパフォーマンスに少し投資しており、次のいくつかのリリースで拡張を継続していきます。" とMicrosoftのSQL Connectivityチームで働くdpblogsは言う。

WCF Data Services 5.2.0は、以下のフォーマットで提供されている。

"WCF Data Servicesは多くの機能を持っており、Visual Studio 2012 / LightSwitchとの下位互換がないものがある可能性があります。OData 5.0にはサービス拒否の脆弱性が存在していました。先日リリースされた新しい5.0のリリースでは、この問題を解決しています。" とMicrosoftのVisual Studio製品チームのMatt Evans氏は言う。

 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。