BT

Adopt-a-JSR Programがオンラインミートアップを開催

| 作者: Nilanjan Raychaudhuri フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2013年1月24日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2013/01/24)へのリンク

 

Adopt a JSR Program はJava User Group (JUG)のメンバーにJava Specification Request (JSR)を使ってもらうことでJava Community Process (JCP)に積極的に関わってもらおうとする運動だ。この運動の目的は新しい標準に対するフィードバックを開発者コミュニティから素早く手に入れることだ。また、この運動を進めることでJUGのメンバーが参照実装(RI)や互換性キッド(TCK)の実装を支援してくれるようになる。

JSRはJavaのエコシステムのすべての側面をカバーする。新しいDateとTimeのAPI(Java 8で導入される)やクラウド向けのJavaEE 7 APIなどだ。世界中の15のJava User Groupは既にこの取り組みに参加し、それぞれJSRプロジェクトに関わっている。

この運動の背後にいるチームは1月18日にオンラインミートアップを開催している。目的はこの運動の詳細を共有し、Java開発者のコミュニティにどのような利点があるのか、ユーザコミュニティはどうやってフィードバックを提供できるかを説明することだ。London Java Community (LJC)のMartijn Verberg氏、SouJavaのBruno Souza氏、Java EE/GlassFishチームのArun Gupta氏、JCPプログラムオフィスのHeather VanCura氏がこのミートアップを開催する。

これは、フィードバックを提供しJCPに貢献するチャンスだ。アナウンスページには詳細が記載されている。ミーティングの後には、ミーティングの記録動画や資料などがJCPマルチメディアページで確認できる。
 

 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT