BT

InfoQ ホームページ ニュース Opscode Chef統合テストがTest Kitchen 0.7.0によりOpenStack上で動くようになった

Opscode Chef統合テストがTest Kitchen 0.7.0によりOpenStack上で動くようになった

ブックマーク

原文(投稿日:2013/01/03)へのリンク

 

OpscodeTest Kitchen 0.7.0 のリリースをアナウンスしたが、オンデマンドOpenStackインスタンスを使ってChef cookbooksのテストをサポートする。

Test Kitchenはツールで、Opscode Chefクックブック開発者が自分の稼働中のインフラにクックブックを適用する前にクックブックの妥当性を確認するのに役立つ。Test Kitchen はテストしているクックブックの基本的なシンタックスチェックを行うばかりでなく、更に、仮想マシン(VM)のセットアップとそのVM内でクックブックのテストを実行する。VMを立ち上げた後、MiniTestを実行して、テスト中のクックブックがVM上で修正したものを検証する。

Test Kitchen 0.7.0以前は、VMのセットアップにはVagrantVirtualBoxと一緒に使うのが必須だった。これはすでにOpenStackを走らせているユーザーには、退屈な作業だった。なぜならあらゆる開発者のワークステーションと継続的統合サーバーに Vagrantをインストールして、保守する必要があるからである。最新の Test Kitchenを使えば、ユーザーは、別個のVagrant環境を管理しないで済む。

ユーザーがVagrant からインストールされた既存のOpenStackに移行できるように、 Test Kitchen 0.7.0は新しい OpenStackランナーを導入している。新しい OpenStackランナーはクックブックのKitchenfileで設定でき、OpenStack VM 上に自動的にchef-client をインストールし、Convergenceを実行し、テストする。

openstack do
    auth_url "http://openstack-auth-host.example.com:5000/v2.0/tokens"
    username "openstack-user-name"
    password "the-password-of-the-openstack-user"
    tenant "test-kitchen"
end

新しい OpenStackランナーに加えて、Test Kitchen 0.7.0には、apt, yum, build-essential, gitrvmクックブックの古いバージョンに対するハードコードされた依存性は、もはや存在しない。Cheffile中でこのようなクックブックを特定する代わりに、初期設定を行うためにそれ自身のクックブックを持つようになった。このクックブックは、バージョンに関わらず前述のクックブックに依存する。

2012年の12月3日以来、Test Kitchen 0.7.0は Ruby Gemとして入手できる。以下の簡単な入力でインストールできる。

gem install test-kitchen

Test Kitchenのソースコードは GitHubで入手できる。

 

 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。