BT

InfoQ ホームページ ニュース Visual Studio 2012 Update 2の最終プレビューがリリース

Visual Studio 2012 Update 2の最終プレビューがリリース

ブックマーク

原文(投稿日:2013/03/06)へのリンク

 

Update 2の公式リリース前に通常のプレビューをリリースする、前進を続けながら、Microsoft はCTP4のリリースを発表した。このリリースは、"go-live"として指定された Update 2の最初のバージョンと記された。すなわちこれは、完全なMicrosoft のサポートを受けていく、という意味である( TFS2012 go-live と VS2012 go-live未満の差に注意)。これは、Update 2の公式リリース前の最後のCTPを意図している。

CTP4は、Update 2の全体的テーマ-「現代的アプリケーションライフサイクルと現代的アプリケーション開発」を推進し続ける。その目標を提供するために、最初にリリースされたフィーチャは、LightSwitch HTML クライアントの更新されたプレビューである。リードプログラムマネージャの John Stallo氏は、このリリースの2つの主要な目標は、モバイルの作成 、クロスプラットフォームのWebクライアントとSharePoint 2013アプリケーションカタログへのプログラムの公開をサポートすることである、とコメント した。

VS2012のブラウザベースのテスト管理領域は、さらに洗練 されて、結果やテストケースのステップをインラインでテキスト編集する機能がついた。これで、ソフトウェアをテストされる環境にインストールする必要がない。

Microsoftの Brian Harry氏も、バックアップと復元用のパワーツール(以前は別々にダウンロードした)は Update 2に統合される、と述べた。TFSの管理者もアップグレード後は、TFS のその場設定を保持する機能から恩恵を受けるはずである。

Gitのサポートが必要な開発者は、CTP4のインストールをしばらく控えるでしょう。この機能を提供するには、Git 拡張への個別の、まだリリースされていない、アップデートが必要だからだ。氏は、これは「一両日中」に入手できる、と言っている。このサポートは Update 2の一部ではなく、これからも個別のダウンロードが必要である。氏によれば、こうすることで Microsoftがもっと速く成果を提供できるからである。

注意して欲しいのは、CTP4のgo-liveステータスは、Team Foundation Server 2012に排他的に適用されることである。これは、VS2012用のCTP4 には当てはまらない、結果として、VS2012用のCTP4 は本番環境に適用されるべきではない。

 

 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。