BT

'Adopt a JSR'のフォローアップオンライン会議が明日開催

| 作者: Charles Humble フォローする 903 人のフォロワー , 翻訳者 編集部N フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2013年3月4日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2013/02/26)へのリンク

 

世界中から40人以上のJUGリーダー/会員が参加した、1月18日の最初のオンライン会議に続いて、'Adopt a JSR' プログラムを支援している人々が2月27日水曜日にフォローアップ オンライン会議をホストしている。London Java Community (LJC)の Martijn Verburg氏、 SouJavaの Bruno Souza氏、 Java EE/GlassFishチームから Arun Gupta氏、JCPプログラムオフィスの Heather VanCura氏によってホストされる会議は、このプログラムについてもっと知り、フィードバックを返す機会を提供する。これは誰にもオープンである。

Adopt a JSRプログラムは、およそ1年前にLJCで生まれた考えであるが、直ぐに世界的な試みになった。更に最近では、Oracleもそれを支持している

プログラムの狙いは、JUGメンバーがJava Specification Request (JSR) に参加することを奨励し、草の根参加を増やすために、そのJSRをJUGやより幅の広いJavaコミュニティに理解してもらうことである。現在プログラムには、少なくとも世界で19のJUGが参加し、急速に増えている。InfoQが 昨年QCon London でプログラムについてVerburg氏に話を聞いた時、彼はこう話した。

...EJB 2.0は、準災害の類だと言えます。問題は単純で、仕様の設計、仕様のテスト、標準がその特定の領域で進化する必要があるのかを見極める段階で開発者が充分早く参加していなかったことです。時々、ある技術が非常に新しく、それは早期に標準化されるべきでない場合があります。おそらく人々は、対向する実装が出てくるまで待つべきです。

JCP.next以前には、多くのクローズなメーリングリストがあり、クローズな課題トラッキングがあったので、開発者がJSRに参加するのは、非常に難しかったです。Adopt a JSRプログラムは、またこれは今ではオープンなプロセスになったことを全てのJavaユーザーグループに伝える、ちょっとしたPR活動の類でもあります。今では、あなたは参加でき、ここがその場所なのです。あなたが町中で、典型的なJava開発者と話したら、彼らはJSRが何なのか知らないでしょう。JCPが何なのかさえも知らないです。けれど、それは、彼らの毎日の就労生活に影響しますから、非常に重要です。

WebExかオーディオで会議にアクセス できる。

 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT