BT

InfoQ ホームページ ニュース CloudMunchがフルスタックのDevOpsプラットフォームをリリース

CloudMunchがフルスタックのDevOpsプラットフォームをリリース

ブックマーク

原文(投稿日:2013/05/13)へのリンク

CloudMunch Incは先月、フリーミアムなフルスタックのDevOps プラットフォームを公式に発表した。これは、バージョン管理、ビルド管理、検証、自動テスト、デプロイ、クラウド接続のための予め統合されたツールのダッシュボードである。ソフトウェアは、サービスとしてホストされ、管理される(SaaS)。このお陰で、開発者は、自分のツールセットを設定する必要がない。

プライベートプロジェクトは、100ドルから、オープンソースプロジェクトは、無料で始めることができる。製品には、開発から稼働までDevOps と継続的配信をカバーする広範囲なフィーチャが含まれている。CloudMunch は、そのプラットフォームがアプリケーションとインフラのデプロイを著しく簡単にする、主張している。野心的なフィーチャセットには、以下のものがある。

  • CloudMunchに直感的にプロジェクトをインポートできるGitHubの統合
  • Java, JavaScript, php, .NET, Ruby プロジェクトをサポート
  • 継続的統合のための簡素化されたJenkins
  • Jira, Bugzillaのような殆どのバージョン管理システムを統合した開発者用ツール
  • シームレスなプロビジョニングとデプロイのためのIaaSとPaaS用コネクター
  • どこでもデプロイできる継続的配信用のChef
  • 継続的なアプリケーションとインフラの統合とデプロイ
  • ダッシュボードに統合されたクロスチームのソーシャルコラボレーション
  • ビルドメトリックス用のインコンテキストでリアルタイムな分析
  • Seleniumのような自動テストとコード品質のフレームワーク
  • AWS CloudWatch と NagiosMonitoring を使って起動しているサーバーの監視

CloudMunchは、これらの別々のツールをプロジェクト指向のダッシュボードに統合する。これが主要な差別化の1つだ。プロジェクトのメタファーは、直感的なワークフローを可能にする。CTOで共同設立者のPrasanna Raghavendra 氏が会社のブログで説明している。

私たちが行ったのは、ALMの世界と接続することが容易になるように、プロジェクトの構成物でJenkinsをラップすることです。これを要件管理ツールでリリース、そして欠陥追跡ツールやプロジェクト管理ツールでのプロジェクトにリンクすることができます。[...]CloudMunch構成物のプロジェクトは、ブランチ、複数のジョブ、複数の環境、複数のサーバ、ビルド進行のワークフローが含まれています。1つのエンティティにこれらすべてがラップされていると、はるかに良い方法で、その意図した価値に対して、ソフトウェアの進捗状況を評価するのに役立ちます。

このフィーチャセットをサービスとして提供していることで、共同設立者で、CEOの Pradeep Prabhu氏は、自分たちの製品の提供は、「継続的デリバリの民主化」である、と言っている。CloudMunchは、Express と Pro 版が入手できる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。