BT

InfoQ ホームページ ニュース アジャイルの大規模なふりかえりでプロジェクトを改善する

アジャイルの大規模なふりかえりでプロジェクトを改善する

ブックマーク

原文(投稿日:2013/04/25)へのリンク

ふりかえりは、チームが働き方を学び、改善するのに役立つ。大規模プロジェクトや複数のチームでふりかえりを実施するように、ふりかえりを広められるだろうか? アジャイルコーチたちが、ふりかえりとオープンスペーステクノロジの技術を使って、大規模なふりかえりを実施した。ここで、大規模なふりかえりがどのように実施されたのか見てみよう。

大規模なふりかえりをする方法というブログの投稿の中で、アジャイルとリーンのコーチであるHenrik Kniberg氏が、Spotifyで実施した大規模なふりかえりを紹介している。

ふりかえりの目的は、半年以上、何十ものチームを巻き込んで、大きな組織的な努力から学んだことを見つけ出すことでした。プロジェクト期間中、チームはスプリントのふりかえりをしていましたが、1つの大きなグループになって全体像を見る必要があると感じていました。

Spotifyの人たちが何を学んできたかを理解し、改善提案を決め、さらにはっきりさせる必要のある問題や出来事のような"謎"を明らかにするのに、ふりかえりは役に立った。Henrik氏は、この大規模なふりかえりがスプリントのふりかえりとどのように違っていたのか述べている。

部屋には沢山の人たちがいて、具体的ですぐに実施できるアウトプットを期待していたので、このイベントは大変な労力を要しました。Norm Kerth氏のプロジェクトのふりかえりに関する名著は、大規模なふりかえりを実施する方法について、数多くの役に立つアイデアを示してくれました。

以前、InfoQでは、Spotifyはどうやってアジャイルをスケールアウトしたか: Henrik Kniberg氏へのインタビューでSpotifyがどのようにアジャイルを採用したかについて書いた。Spotifyのアジャイルコーチ、Joakim Sunden氏のブログの投稿、Spotifyで大規模なふりかえりを実施するにおいて、Spotifyでどのように大規模なふりかえりが実施されたかを詳細に説明している。ふりかえりは、3つの部分、過去(プロジェクトを思い起こす)、現在(関連するトピックについて議論する)、そして、未来(優先順位付けと重要なメッセージを示す)に分かれている。

以前は、ふりかえりの参加者たちはプロジェクトがどうだったかをふりかえり、プロジェクトのタイムラインを思い起こしていた。

最高製品責任者は、様々なチームの間で増えた協力から、失敗、技術的負債、その他のコストなどのプロジェクトのコストや実際の納品物まで、予期されるプロジェクトの結果について自分の見解を示し始めました。そして、フリップチャートシートにこれらのことを掲示し、その日は誰でも自分の意見を追加できるようにしました。

私たちは、プロジェクトに関係する成果物を集めるように、ふりかえりの前に宿題を出されていました。(…) 私たちは、自分たちの洞察やイベントの記憶、気持ち、挑戦などを付箋に書いて、壁に用意されたシートにタイムラインを描き出しました。

このタイムラインに基づいて、参加者たちがプロジェクトについてどう感じていたのか、プロジェクトがどのくらい成功したと思っているのかを確認した。付箋は情報を集めるために使われ、誰でも見えるようになっていた。

現在の状況を探るため、参加者たちがランチの間に準備したトピックは、タイムマトリックスボードに集められ、オープンスペースのアプローチを使って議論された。

各セッションの目的は、何をし続けるか、そして、将来、違ったやり方で何をするかという洞察を得て、推奨される方法を見つけ出すことでした。トピックを言い出した人たちは、セッション中にこれらのことが取り上げられるように気を付けていました。今ここで解決できない何か重要なことが出て来た場合は、それは謎として記録しました。

オープンスペースセッション(洞察、推奨、謎)は、グループに示されました。問題は明らかになり、重複は取り除かれていましたし、問題がはっきり書かれていたので、参加者たちはどの問題を扱いたいのか投票できました。

再び、手書きの掲示板がフリップチャートになっている大きな部屋に、みんな集まりました。そこでは、誰かが自分のメモを大きな声で読み上げていました。黒丸と緑丸がいくつかあるメモについて、なぜ人はこれらに関して異なった見解を持つのかより良く理解するために、私たちは少し議論しました。

これが" 未来" と呼ばれるふりかえりの一部です。参加者たちはふりかえりから得られる主なものを書き留めて、学んだことを共有します。

大規模なふりかえりの実施方法というブログの投稿で、アジャイルの変化を実施するRob van Lanen氏が、大きなグループでふりかえりを実施した方法を述べている。Lanen氏は、序文に続いて、セッションの目的の説明を始めた。

みんなに少しずつ話をさせて、ふりかえりに“参加”させましょう。人はミーティングの最初に話すと、ミーティングで発言する機会が増えます。

参加者たちは、多くの専門分野にわたるグループに入り、議論すべきトピックを決めるように言われる。

私たちの場合は、昨年のハイライトのトップ5を話し合って決め、同意したら、付箋に1ずつ書き出すようにと私が言いました。

各グループにファシリテータがいて、参加者全員にグループからのトピックを説明した。トピックは集められ、重複しているものは取り除かれて、投票が行われた。

アイテムに投票の印をつけて、付箋上で、非公開の投票をするようにみんなに頼みましょう。投票できる数を伝えて、制限を与えます。(1つのアイテムに投票できる最大数も伝えましょう。) 公開投票と比べて、非公開投票は他の人に影響を与えないので、私は非公開投票を選びます。公開投票では、最初の方に投票する人が流れを作り、後から投票する人がグループへの決定権を持つようになります。私は、流れを作らないようにしたかったのです。

投票で勝ったトピックは、フィッシュボールセッション (オープンスペーステクノロジの技術) で話し合い、何をするのか決めて、合意した。

私たちの場合、昨年のハイライトを再現したいと思いました。私たちは、この目的を達成するために何をするか話し合いました。ファシリテータとして、あなたの役割は、隠れていることです。人々が行動できるタスクを作るのに苦労していたら、あなたは話をまとめ、はっきりさせて、効果的な質問をたずねるとよいでしょう。

大きなグループでふりかえりをする解決策は、"ふりかえりのふりかえり"だ。Paulo Caroli氏が、ブログの投稿、ふりかえりのふりかえりでやり方を説明している。Caroli氏は、プログラムレベルでふりかえりの必要性を説明することから始めた。

チームは、ふりかえりのアジャイルプラクティスから良い価値を手に入れていました。しかし、改善はチームレベルで行われていました。そして、全体のプログラムは、継続的改善に集中できなくなっていました。時々、1つのチームのふりかえりからのアクションポイントは、他のチームに頼っていました。また別の時は、2チームのふりかえりのアクションポイントは両立していませんでした。

大きなプログラムチームのふりかえりをするのに、スクラムのスクラムと同じテクニックを導入した。

ふりかえりのふりかえり(短く言えば、RoR) ミーティングは、各チームのふりかえりの後に実施されます。何がうまくいって、プログラムレベルで何を改善するのか話し合うために、参加者たち(全チームとプログラムの代表者たち)はミーティングをします。ふりかえりのふりかえりで注目するのは、チーム毎のパフォーマンスではなく、全体のプログラムのアウトプットを改善することです。

Paulo氏がふりかえりのふりかえりから見つけた利点は、以下の通りだ。

すべてのチームへの素早いアクセス – マネージャやステークホルダは、各チームのトップアイテムを見られます。

改善に集中する – チーム毎とプログラムレベルの両方に対して

全マネージャが (...) プログラム全体の目的について定期的に話し、行動します。

一部のチームの問題を、すべてのチームが聞きます。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。