BT

Red HatがJBoss Application Server を WildFlyに名称変更し、商用のASバイナリを無料で提供

| 作者: Charles Humble フォローする 800 人のフォロワー , 翻訳者 編集部N フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2013年5月2日. 推定読書時間: 4 分 |

原文(投稿日:2013/04/24)へのリンク

大手LinuxベンダーのRed Hatは、JUDConブラジルでJBoss Application ServerがWildFlyと改名されたことを発表し、JBoss ASの 「非常に機敏、軽量な、抑制されていない、真に自由な」性質を表している、と言った。メーリングリスト、ドメインとJBossAS名前を冠した他の要素は、現在改名中である。

名称変更の決定は、アプリケーション・サーバー、 JBoss コミュニティ,幅広い他のJBoss 製品を指すJBossブランドとの混乱を避けるために行われた。

新しい名前は、コミュニティメンバーにより、2012年の公開投票で行われた。彼らは一般から寄せられた2000以上の名前から選ばれた上位5つの中から選ぶように言われた。 他には、BaseJump (最終的に2位), jBeret (3位), Petasos, Jocronがあった。

プレス発表によると 「WildFlyは、プロジェクトのブランド変更と次世代のアプリケーションサーバ技術を牽引するビジョンの刷新の両方を表します」。

別の発表でJBossのテクニカルディレクターであるMark Little氏の詳細な説明によると、RedHatは、エンタープライズ・アプリケーション・プラットフォーム用のバイナリを作成し始め、 開発者はダウンロードでき、LPGLライセンスの下で無料である。

...我々は、コミュニティプロジェクトを製品化し始めた時(例えば、AS7.1)から、このプロセスの結果として、我々は、作ったすべての製品ビルドをコミュニティにリリースします(例えば、AS 7.1をベースにしたEAP 6.0アルファ1)。そのため我々のコミュニティ内の、または我々の顧客を持つすべての開発者は、すぐにそれらを活用することができます。その後、コミュニティプロジェクトのその主要リリース向けには、他にコミュニティバイナリはありません。なぜなら製品ビルドは、実質的にスーパーセットであり、私たちはほとんどの開発者にとってより有益だ、と考えています。もちろん、プロジェクトの次のメジャーリビジョンのコミュニティビルドは、並行して行われので、それらに別々にコントリビュートし、追跡できます。なので、コミュニティビルドを製品のみ用のバイナリで置き換えることはありません。我々は、またEAP用のダウンロードプロセスとライセンスを変更しているので、開発者は、コミュニティバイナリと同様、簡単にこれらを取得出来ます。、あなたはに貢献し、別々にそれらを追跡することができますので、もちろん、プロジェクトの次のメジャーリビジョンのコミュニティ構築が並行して起こるので、製品のみのバイナリとコミュニティを交換する場合ではありません。それは、コミュニティのバイナリを取得することですと、それは、これらのビットのホールドを取得するには開発者のためのように簡単になるように我々はまた、EAPのダウンロードプロセスと、ライセンスを変更している。結局、誰もが、サポートのフルサブスクリプションを購入するかどうかに拘わらず、製品を体験できるということです。

JBoss FAQページでは、開発者がバイナリを使用する方法には制限がないが、JBossとの契約なしで本番でそれを使用しないことを強く勧めている。彼は余り心配していない、とInfoQにはほとんど言わなかった。しかし「それは今日起きるし、10年前にJBossが始まって以来起きている。実際、それはすべてのオープンソースプロジェクトで起きていることです。」と、彼は私たちに語った。

新しいWildFly FAQは、少なくと短期的には、名前以外の変化はあまりないことを示唆している。WildFlyは引き続き無料でダウンロードでき、WildFlyオープンソースプロジェクトは、Red Hatの商用のJBoss Enterprise Application Platformのためのアップストリームプロジェクトのままである。WildFlyは、JBoss ASのバージョン番号さえ採用している。

Mark Little氏は、「この数ヶ月にWildFlyに関するたくさんの発表がある」と ほのめかした が、それ以上のことは、我々に話してくれなかった。しかし、プロジェクトの最初のイテレーション、WildFly 8は、5月13日にリリース予定のJava EE 7仕様に対する認定取得に焦点を当てていることを我々は、知っている。

Java EE 7 は、元々昨年末にリリース予定だったが、遅延とフィーチャカットが発生した。すなわち主役のクラウドフィーチャと長期遅延のキャッシングAPIを将来のリリースに持っていくことになった。それでも歓迎できる幾つもの追加のフィーチャがある。例えば、Message Service 2.0, Javaプラットフォーム用のバッチアプリケーション, JSON処理用のJava API, WebSocket API, JAX-RS 2.0, 同時に Bean Validation Specificationのマイナーなアップデートもある。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT