BT

JMS 2.0の新機能

| 作者: Vikram Gupta フォローする 1 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2013年6月20日. 推定読書時間: 6 分 |

原文(投稿日:2013/06/13)へのリンク

待ち望まれていたJava EE 7がついに、JMS 2.0とともにリリースされた。これは10年以上使われてきたJMSに対する最初のアップグレードになる。

最新のJMS仕様で最も注目すべきところは、Oracleが"Simplified" APIと呼んでいるスリムな表現だ。たとえば、メッセージを送受信するための新しいAPIを使うことで、多くのボイラープレートコードを取り除くことができ、必要なコード量を劇的に削減することができる。アプリケーションサーバで動かしているなら、新しいAPIはリソースインジェクションをサポートしている。アプリケーションサーバはJMSオブジェクトを管理できるようになり、アプリケーションはさらにシンプルになる。

フレームワークは完全に後方互換性があり、レガシーコードを使い続けたまま、新規コードにSimplified APIを使うことができる。古いAPIが非サポートになる予定はない。

JMS 2.0はJava EE 7プラットフォームの一部だが、スタンドアロンのJava SEプラットフォームでも使うことができる。ただし、すべての機能がどちらでも使えるわけではない。

サンプルコードを使って、新旧APIを比較してみよう。

リスト1. メッセージを送信するJMS 1.0構文

1 public void sendMessage(ConnectionFactory factory,
                Queue queue, String message) { 
2    try { 
3      Connection connection = 
                factory.createConnection(); 
4      try { 
5        Session session = connection.createSession(
                false, Session.AUTO_ACKNOWLEDGE); 
6        MessageProducer messageProducer 
                 = session.createProducer(queue); 
7        TextMessage textMessage 
                 = session.createTextMessage(message); 
8     
9        messageProducer.send(textMessage); 
10 
11     } finally { 
12       connection.close(); 
13     } 
14   } catch (JMSException e) { 
15     // handle exception 
16   } 
17 }

リスト2. 同じメッセージを送信するJMS 2.0構文

18 public void sendMessage(ConnectionFactory factory,
			 Queue queue, String message) { 
19   try (JMSContext context 
		= factory.createContext()) { 
20    
21     context.createProducer().send(queue, message); 
22    
23   } catch (JMSRuntimeException e) { 
24     // handle exception 
25   } 
26 } 

変更を見ていこう。まず最初は、19行目にあるJava 7の"try-with-resources"の利用だ。これまでのConnectionクラスとSessionクラスを新しいAutoCloseable JMSContextで置き換えている。これをtry節(19行目)に入れることで、もとの"try"にあったセットアップコード(4、11、12、13行目)は不要になる。メッセージ生成も暗黙のうちに行われ、コードは以前よりもずっとスリムになる。

また、古いチェックされるJMSExceptionはチェックされないJMSRuntimeExceptionに置き換えられ、明示的に捕捉する必要はなくなる。

これがメッセージ送信側のコードだ。メッセージ受信側のコードも同様にシンプルになる。

Simplified APIは新しいJMS 2.0 APIの一部にすぎない。他にも新しいセマンティックス強化がいくつかある。次のような機能がサポートされる。

  • 非同期送信モード - サーバからACKが返ってくるまでブロックする従来の同期モードに対して、非同期モードの場合はブロックせずに即座に返ってくる。そしてACKを受信すると、非同期コールバックが呼び出される。非同期モードは新しいJMSProducerとレガシーなMessageProducerの両方でサポートされる。たとえば、次のようなインターフェイスでCompletionListenerを定義することができる。
public interface CompletionListener {
  void onCompletion(Message message);
  void onException(Message message, Exception exception);
}

メッセージを送信するときには、次のように呼び出す。

messageProducer.send(message,completionListener);
  • 遅延メッセージ配信 - JMSクライアントはメッセージ配信をスケジュールすることができる。これにより、一日の終わりに配信するといった遅延処理をサポートすることができる。アプリケーションでは、消費者に配信する前にシステムがメッセージを保持すべき最小時間を、ミリ秒で設定することができる。

    MessageProducerとJMSProducerとで、APIはよく似ている。

    MessageProducerの場合:
    public void setDeliveryDelay(long deliveryDelay)
    JMSProducerの場合:
    public JMSProducer setDeliveryDelay(long deliveryDelay)
  • 同じトピックサブスクリプションを共有することで、トピックサブスクリプションからのメッセージ消費をスケール可能にする。
    非永続サブスクリプションのための新しいメソッドが提供される。
    MessageConsumer messageConsumer = session.
      createSharedConsumer(topic,sharedSubscriptionName);
    既存のメソッドは永続サブスクリプションに使われる。
    MessageConsumer messageConsumer = session.
      createDurableConsumer(topic,durableSubscriptionName);

これらは数ある新機能のほんの一部にすぎない。すべての新機能に関するサンプルコード付きの詳しいチュートリアルが、OTNの記事"What's New in JMS 2.0"にある。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT