BT

InfoQ ホームページ ニュース ODataUriParserが$select と $expandをサポートするようになった

ODataUriParserが$select と $expandをサポートするようになった

ブックマーク

原文(投稿日:2013/05/29)へのリンク

WCF Data Servicesは、バージョン5.5のリリース候補版により、ゆっくりではあるが着実に前進を続けている。このバージョンでの主な機能拡張は、ODataスタイルのURIの解析をもっと強力にサポートすることである。今回は、$select と $expandを解析して抽象構文木に展開できるようになった。

この領域での最後の改善はバージョン5.2だった。これは$filter と $orderbyを追加した。Microsoftによれば、これは、ライブラリが今では"ほとんどのODataURIをサポート"していることを意味する。将来のリリースでは、 "高階関数に焦点を当てる"。ODataUriParserは、もともと ODataLib Contribプロジェクトから来たが、ASP.NET Web APIがそのODataライブラリに対するそれへの依存を取ったときにレベル上げされた。

Microsoftはついに、このリリースで、Entity FrameworkとReflectionデータソースプロバイダを公開することに決定した。Microsoftは、以下のように書いている。

将来、計画されている仕事がたくさんありますが、我々が完了した仕事によって、以前は不可能だった、いくつかの高度なシナリオを実行可能になりました。たとえば、サービスライターは、リクエストをインターセプトし、Entity Frameworkに渡す前に、LINQクエリをパラメータ化することにより、Entity Frameworkのクエリキャッシュ機能を利用することができるようになりました。

他の最近の.NETライブラリと同様に、WCF Data Services 5.5は、NuGet経由のみでリリースされる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。