BT

Agile Singaporeの開催を発表

| 作者: Shane Hastie フォローする 18 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2013年6月17日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2013/06/07)へのリンク

 第一回Agile Singaporeの開催が発表された。2013年11月7、8日の両日、Marina Bay Sandsにて開かれる。

オープニングキーノートはJim McCarthy氏の「Culture Hacking and the Coming Era of Magnificence」だ。

カルチャーとは、共有された姿勢、価値、ゴール、プラクティスの集まりで、1つの集団を表現し、定義するものです。現代は、新たに登場した「ソフトウェアカルチャー」によって、ますます特徴づけられています。ソフトウェアそのものが世界の富の多くを生み出すだけでなく、ソフトウェア開発という独特の課題がまったく新しいタイプの工学的集団的カルチャーを要求しています。こうした要求に対して、これまで様々なハイテク開発原則が提唱され、「提示」されてきました。私たちは独創性に富んだマネジメント「ムーブメント」(アジャイル、スクラム、XPなど)を作り出してきました。これらムーブメントは、エンジニアリングカルチャーの誕生を表しています。これはとても重要なことですが、すぐ後に続くものと比べて未発達です。

クロージングキーノートはDavid Hussman氏の「Shut Up and Play Ya Guitar」だ。

プロセス中毒になった人たちによって、歴史は何度も繰り返されています。「グラウンドホッグデー」思考はアジャイルさのルネサンスを訴えます。将来を改革するには、過去から学ばなくてはなりません。アジャイルコミュニティにおける様々なツールを、コンテキストに合わせて意図的に選択することで、さらなる価値を生み出すことができます。プロセスに従うことが成功につながるという有名無名の仮説のもと、多くの人は「プロセスの実行」や「純粋なアジャイルの実践」にやっきになってきました。私たちはこうしたプロセス思考を、成果ベース思考に置き換えなくてはなりません。期待される成果に名前をつけ、新しいツールやアイデアを導入していくことは、そのコンテキストにおいて重要な成功へと進むのに役立ち、真の価値を明らかにし、意味のある学びを促します。意図的なアジャイルさは、アジャイルさのルネサンスの源であり、空虚な儀式に盲目的に従うことは、ソフトウェア開発の暗黒時代に(あるいはそうしたものがなかった時代に)私たちを引き戻します。 

このカンファレンスはコミュニティによるイベントであり、講演したい人は講演内容と合わせて、運営者とコンタクトをとることができる。

運営チームの一員であるStuart Turner氏はこう言っている。

この種のカンファレンスはこの地域ではじめてのことです。世界的にすぐれた講演者たち、この分野の経験豊富な熟練者たちといっしょに、このイベントを開催できることにワクワクしています。シンガポールは盗難アジアにおけるアジャイルのハブとなっています。このような大きなイベントによって、コミュニティの持続的成長を助けることができ誇りに思っています。

このカンファレンスについて、詳しくはWebサイトを参照。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT