BT

InfoQ ホームページ ニュース プライベートPaaSがDevOpsを可能にする

プライベートPaaSがDevOpsを可能にする

ブックマーク

原文(投稿日:2013/05/31)へのリンク

The Phoenix Projectの著者であるGene Kim氏は、5月上旬にSteven Witkop, John Skovron, Elis Booker氏達といかにプライベートなPlatform as a Service (or PaaS)がDevOpsに上手く合うかを議論した。Elis Booker氏がプライベートPaaSの誤解を払拭しながら、DevOpsとどのようにプライベートPaaSを始めるかについての質問によって議論を司会進行した。各パネリストは、トピックに関する明確な考え方を提供して、プライベートPaaSについて多面的なメッセージを上げてくれた。

Gene Kim氏は、DevOpsに適応する時の、制約条件の理論を記述することと、順番に対処されるべきソフトウェアの開発における制約を挙げることで、問題ドメインへの洞察を提供した。

  1. 環境のプロビジョニング/デプロイ(そのために、PaaS は解決策)
  2. テストの設定、テスト実行環境
  3. アーキテクチャの変更
  4. 開発/稼働管理

Geneは続けて、成功の指標とともにDevOps実装のパフォーマンスを測定することへの多くの重要な洞察を与えた。

HP Enterprise ServicesでTooling Chief ArchitectのSteven Witkop氏が共有したのは、企業内の各サイロは、しばしば自分たちの仕事を行うための最良の方法を持っていると、感じていることだ。しかし、ソフトウェアのより速いデリバリの必要性と大量消費空間における技術の著しい進歩は、企業がトップダウンでそのプロセスを再評価する原因となるビジネスプレッシャーを生み出している。企業はDevOpsへの準備を進めており、開発及び運用の効率化のオプションとしてプライベートPaaSを検討している。

TibcoでエンジニアリングのSr.DirectorであるJohn Skovron氏は、彼の会社がやっているのは、プライベートPaaS製品を提供することであると、話した。また彼らの価値命題の主要部分には、以下が含まれていると、言った。

  • 環境のプロビジョニング/デプロイの速度を上げる。
  • 既に顧客が使用している既存のソフトウェア・スタックとの統合。

Elis Booker氏がTibco Silver Fabricを代表してパネルディスカッションを司会進行した。議論の記録についての技術的注意の一つは、ほんの24分以下に縮められ、集まった参加者からのQ/Aは全く含まれていないことである。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。