BT

Ready for InfoQ 3.0? Try the new design and let us know what you think!

dows Azure Service Bus, AMQPで相互運用性を改善

| 作者: Roopesh Shenoy フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2013年6月17日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2013/06/10)へのリンク

Microsoftは先頃,Windows Azure Service Busで AMQP サポートを一般提供すると 発表した。この機能は,異なるオペレーティングシステムとさまざまなテクノロジで開発された,アプリケーション間の相互運用を実現するものとして,これまで約6ヶ月の間プレビューが続けられてきたものだ。

AMQPは高効率,バイナリ,ワイヤレベルのアプリケーション層プロコトルである。それをサポートすることのメリットは –

  • 柔軟性。システムの各部分に異なる言語やフレームワークを使用する場合でも,メッセージブローカを経由して相互通信を行うことができる。
  • ロックインを削減することで,既存アプリケーションの移植が容易になる。 例えば,JMSを使用しているJavaアプリケーションの,Windows Azure System Busへの 移植が,最小限の作業で可能になる。

PHP, Python, Java, そして .NET で動作するアプリケーションを対象に,AMQPを使ってWindows Azure Service Busで稼働させるためのガイド資料が用意されている。

AMQP(Advanced Message Queuing Protocol) は,プロプライエタリなメッセージプロトコルの代替として,業界からの支持を高めているプロトコルで,先日には OASIS標準 にもなった。Microsoftではこの標準のサポートを,すでに2008年から 行っている。

同じように一般的なメッセージプロトコルとしては,他に STOMP (テキストベースのプロトコル) や MQTT (低帯域,インターネットに適したプロトコル) などがある。 いずれも異なるシナリオにおいて,それぞれのメリットを持ったプロトコルだ。Andy Piper氏の記事 "Choosing Your Messaging Protocol" では,これらの相対的な利点をうまく比較している。RabbitMQ などは実際にこれら3つをすべてサポートしていて,エンドポイント単位でプロトコルを選択することができる

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション
BT