BT

InfoQ ホームページ ニュース NServiceBus 4.0,RabbitMQとActiveMQをサポート

NServiceBus 4.0,RabbitMQとActiveMQをサポート

ブックマーク

原文(投稿日:2013/07/13)へのリンク

.NET用サービスバスNServiceBusバージョン4.0が先日リリースされた。これまで主要なキュー機構であったMSMQに加えて,RabbitMQActiveMQが新たにサポートされている。プロジェクトの設立者であるUdi Dahan氏によると,今回のリリースはこれまでで最大のものだという。改良点は次のようなものだ。

  • RabbitMQまたはActiveMQを使用する場合,AMQPコンプライアンスに完全準拠。
  • データベーステーブルをキューとして使用可能。すべてを中央データベースに格納したいと考える組織向けの機能だ。
  • MSMQトランスポートのパフォーマンスが大幅に向上した。
  • イベントを同期的に扱うためのインメモリ・バス。ドメイン・イベント・パターンを(同一トランザクション内で)実装する場合など利用可能だ。
  • 新規および更新されたパフォーマンスとスループットのカウンタ。
  • 組み込み版RavenDB (ドキュメントデータベース,内部ストレージとしてデフォルトで使用される)がバージョン2にアップグレードされた。
  • NHibernateとトランスポート設定の構成を簡略化。
  • ベーシックライセンスでマルチスレッドがサポートされるようになった。

新たに用意されたhands-on labs環境によって,NServiceBusをインストールせずにテストできるようになった。これはクラウド上のマシンに対して,プリインストールされたNServiceBusを使ってリモートアクセスすることで実現されている。4マシンを使用したNServiceBusソリューションを確認できるscale-out labも追加された。

これに合わせて,2つのツールのベータ版もリリースされている。いずれもVisual Studioに統合されるものだ。

  • ServiceMatrix – メッセージ駆動のサービス指向ソリューション設計を,より高い抽象レベルで行うためのモデリングツール。システムの論理ビューを提供する。例えばメッセージが送信され,それらメッセージによってイベントが発生する場所として,サービスによって公開されるコントラクトを表現する。
  • ServiceInsight - キューやプロセスを流れるメッセージを視覚化して管理するデバッグツール。非同期システムでは,これをツールなしで行うのは大変な作業だ。

NServiceBusの基本はキューを通じて配信されるメッセージだ。ビジネスイベントを発行するサービスと,それを購読する他のサービスで構成されるパブリッシュ/サブスクライブパターン,あるいはキューを基本としたトランスポート機構など,サービス指向/イベント駆動アーキテクチャを採用したシステムの構築において,NServiceBusはビルドブロックの役割を果たす。

NServiceBusはオープンソース製品として,商用ライセンスおよびReciprocal Public License 1.5 (RPL-1.5)の下で提供される。

競合製品と目されているのはMassTransitで,こちらはApache 2.0ライセンスを採用している。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。