BT

InfoQ ホームページ ニュース Windows AzureがMSDNサブスクライバ向けの分単位の課金システムと金銭クレジットを導入

Windows AzureがMSDNサブスクライバ向けの分単位の課金システムと金銭クレジットを導入

ブックマーク

原文(投稿日:2013/06/25)へのリンク

Microsoftは最近分、単位の課金システムをWindows Azureで作り、VM, ウェブサイト、クラウド、あるいはモバイルサービスを走らせると1分単位で実際の利用に対して課金される。また、VMを止めた時はいかなる計算時間も課金されないし、デプロイ状態や設定は保持される。このフィーチャによって開発者は、活動していないときはVMを止めることができるので、過剰な請求料金を避けることができる。

最新のアップデートの助けを借りて、Windows Azure上で MSDN 開発/テスト ソフトウェア・ライセンスを使うことができ、従って追加料金無しで、Windows Azure VM内にSQL Server, SharePoint, BizTalk用のMSDN 開発/テスト のサーバーイメージをインストールできる。

またこの最新のリリースにより、開発者は、Windows Azureを使って、開発/テストシナリオ用のWindows Server, SQL Server, SharePoint、BizTalk Server のVMをいくつでも動かせる。それらを動かすと1時間あたり6セント払う必要がある。

上記のフィーチャは、全 MSDN 顧客が利用でき、開発/テスト目的に使われるWindows Server VMに適用される。あなたがWindows Azure VMギャラリーの標準のVMイメージの1つを使ってVMを作成し、それを走らせるのにMSDN サブスクリプションでアクティブ化した新しいAzureを使うと、Microsoftは自動的に変更を適用する。

Microsoft は、MSDN サブスクライバ向けに Monetary Creditを導入し、Windows Azureのリソースを走らせるのに使うことができる。リソースには、仮想マシン( Windows と Linuxの両方), SQLデータベース、クラウドサービス、Webサイト、モバイルサービス、Hadoopのクラスタ、BizTalkサービス、ストレージ、開発/テスト目的のメディアがある。

MSDN Professional サブスクライバは、毎月50ドル、MSDN Premiumサブスクライバは毎月100ドル 自由に使える。MSDN Ultimate サブスクライバは、毎月150ドルのクレジットがもらえる。

Windows Azure Management Portalがアップデートされて、顧客はCredit Status UI オプションを選べば、自分のMonetary Creditの状態を即チェックできる。MSDN サブスクライバと無料トライアルのユーザーの両方が利用できる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。