BT

8回目のState of Agile Development Surveyがオープン

| 作者: Ben Linders フォローする 25 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2013年8月27日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2013/08/22)へのリンク

Agile 2013カンファレンスで8回目の年次のState of Agile Development Surveyが発表された。スポンサーであるVersionOneがブログ記事the opening of the 8th Annual State of Agile Development Surveyで言及している。

アジャイル開発の最大規模の知識ベースを構築するための調査です。アジャイルのトレンドや教訓、利点、アジャイル開発ツールの使用や好みなど、さまざまなことを学べます。

2012年の調査では4048人のソフトウエア開発のプロから回答を得た。この時の調査結果はアジャイルの導入について知見が得られた。

昨年のレポートを見ていない方のために説明すると、この調査ではアジャイル開発について知りたいことを完全に網羅しています。アジャイルコミュニティの何千のソフトウエア開発のプロによる価値のある情報に満ちています。

今年の始め、InfoQは2012年のVersionOne State of Agile Surveyについて報じている。また、VersionOneのプレジデント兼CEOであるRobert Holler氏へ調査結果についてインタビューをしている。氏はアジャイルの導入が増えていることに言及している。

毎年、ポジティブな傾向が見られていましたが、今年は勢いが変わったように見えます。アジャイルを実践しているか実践しようと計画していると答えた人は昨年は59%でしたが、今年は83%でした。これは何よりも重要な変化だと思います。

昨年は前年と同様、多くの開発者が組織の文化を変えることに苦闘していると答えた。

私はこれにはふたつのことが含まれていると思います。文化の変化と変化に対する自然な抵抗です。そしてこのふたつは強く関連していると思います。文化の側面は命令制御型の環境の外でアジャイルを実践しなければならないことを示していますし、変化に対する自然な抵抗は人間の要素であり、人間は一夜にして変わらないということを示しています。この2つは毎年、中心的な課題になっています。簡単に変わることはありません。

あなたも調査に参加できる。参加すれば、調査結果を公開前に見られる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT