BT

TelerikがReporting Q2 2013 SP1をリリース,グラフのインタラクティビティ,エンティティフレームワークのサポートなどを追加

| 作者: Anand Narayanaswamy フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2013年8月13日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2013/08/07 )へのリンク

Telerikは Reporting Q2 2013 SP1 をリリースした。いくつかのバグフィックスに加えて,グラフのインタラクティビティの拡張やエンティティフレームワークの改良などが実施されている。最新のリリースでは,一連のグラフにアクションを付加する機能も追加された。

追加されたアクションは,第2のレポートのオープン,レポート項目の表示の変更,Webページへのリンク,レポートの他部分への簡単なナビゲーション機能などといったものだ。あるデータ系列を選択すると,そこから別の詳細レポートにナビゲートされて,タイプカテゴリがパラメータ群として取り出され,関連するサブカテゴリの詳細が表示される,という仕組みだ。

今回のリリースには,エンティティフレームワーク(System.Data.Entity.DbContext)の拡張サポートも含まれている。これによって,ObjectContextとDbContextモデルのどちらにおいても,EntityDataSourceを使用することが可能になる。ただしコードファーストのアプローチを採用しないのならば,デザインタイムをサポートするコンストラクタを追加しておくべきだろう。

上記の機能と合わせてRepotingスイートにも,グラフ項目領域内でのコンテキストメニューのサポートや,Standalone Report Designer内のユーザデータ接続を管理する機能などが追加されている。

各デザイナアプリケーションにも,いくつかのバグフィックスに加えて,HTML, XAML, PDF, RTF, Wordファイルのレポート処理とレンダリングを行う機能が実装されている。ASP.NET, SilverlightおよびWPFレポートビューアでもバグフィックスが行われている。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT