BT

Configuration Defaults とNuGet Concierge 機能を伴う高速化した NuGet のリリース

| 作者: Roopesh Shenoy フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 勇 大地 フォローする 1 人のフォロワー 投稿日 2013年9月24日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2013/08/29)へのリンク

8/26週に NuGet 2.7 のリリースが発表された。同バージョンでは、パフォーマンス改善、新規の拡張API、コマンドラインでのパッケージ復元、Configuration Defaults 等の機能が追加された。

NuGet 2.7 ではメモリの使用量とディスク利用量が改善され、パッケージのインストールが高速化された。OData ベース・クエリのフィードも改善され、全体のデータ容量が削減されている。

その他の改善は以下に示す通りとなる。

  • 新規の拡張API – IVsPackageInstallerServices と IVsPackageInstaller に新規メソッドが追加された。
  • Configuration Defaults – "Machine-Wide" でのパッケージソースに関するデフォルト設定が変更可能になった。これは、企業内の内部ソースを利用する場合に必須の機能だ。
  • コマンドラインからの パッケージ復元 を簡単化  – パッケージの復元をビルドプロセスに組み込むのが容易となった。また、同機能はすでに TFS に組み込まれている
  • 開発時のみの参照設定  – "開発時にのみ利用し、パッケージ化の際には利用しないパッケージ"を定義することが可能になった。

他の便利な変更点として、パッケージの復元化がデフォルトで有効化され、パッケージの復元化をソリューション単位で設定する必要はなくなった。また、同機能とコマンドラインによるパッケージ復元化を組み合わせることで、開発者側がソース管理からバイナリを個別に参照設定する必要がなくなった。

これらの機能に加え、今回のリリースでは約100個のバグフィックスが対応されている。しかし、他の既知バグと同様、先頭に 0 を含むバージョンのパッケージを復元する際に失敗するようだ。

リリースノートを確認することで、すべての変更点を閲覧することが可能だ。

NuGet Concierge は先日 Microsoft からリリースされた NuGet とは独立したサービスだ。NuGet パッケージの config ファイルをアップロードすることで、利用しているパッケージとともに利用される頻度の高い他のパッケージを推奨してくれる。NuGet Concierge は現在データが制限されているようだが、時間をかけて改善予定だ。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

特集コンテンツ一覧

.NETの派生を理解する

Wayne Citrin 2018年7月18日 午前3時44分

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT