BT

OData v4.0委員会仕様が承認 - データモデル,URLコンポーネント,CSDL,語彙定義,注釈を備える

| 作者: Anand Narayanaswamy フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2013年9月29日. 推定読書時間: 3 分 |

原文(投稿日:2013/09/18)へのリンク

OData v4.0が先日,OASIS Open Data Protocol技術委員会の委員会仕様(CS/Committee Specification)として承認された。3部構成の仕様には,エンティティデータモデルに従って定義されたリソースに対して,RESTベースのデータサービスを使用してアクセスや操作を行う機能などが定義されている。

仕様書の第1部には,基本的なプロトコル概要の他,データモデルとサービスモデル, バージョニング, 拡張性, フォーマット, ヘッダフィールド, コンテントURL, データサービス要求, セキュリティ面の考慮, さまざまなサービス適合性レベルなどの包括的な内容が記載されている。正常終了やインストリームエラーなどのクライアントおよびサーバのエラーといった,共通レスポンスのステータスコードもここで定義されている。

第2部では,URLコンポーネントやサービスルートURL, リソースパス, クエリオプション(システムとユーザいずれも), パラメータのエイリアスや適合性に関する項目が検討されている。第3部では,ODataサービスが公開するエンティティデータモデルのXML表現であるCommon Schema Definition Language (CSDL)について学ぶことができる。

CSDL名前空間やEntity Model Wrapper要素に加えて,Nominal, Structural, Primitive, built-in abstruct などのエンティティモデル型やアノテーション,さらにはスキーマ要素やstructural, navigation, c, complex, enumerationといったプロパティ要素や属性も検討対象としている。

型定義やアクション,関数,エンティティコンテナ,語彙と注釈,メタデータサービススキーマに関するコンテンツも,例や属性値と合わせて提供されている。oasisの公式サイトではオンライン資料に加えて,OData v4.0の全仕様が,関連ファイルやソースコードとともにダウンロード可能である。

MicrosoftのSenior Standard ProfessionalであるRam Jeyaraman氏がInfoQの単独インタビューに応じて,OData v4仕様のリリースに関する特別な情報をいくつか提供してくれた。

InfoQ: 新リリース(OData v4)の目的について教えて頂けますか?

新リリースについてブログ記事を書いたのは,OASISの標準化プロセスを通じたOData v4仕様の進捗についてお知らせしたかったからです。ご存じかも知れませんが,OData v4はOASIS内の技術委員会によって開発され,標準化されています(https://www.oasis-open.org/committees/tc_home.php?wg_abbrev=odata)。この委員会には,多数の企業や個人が参加しています。

委員会仕様というステージは,最終標準に向けて非常に大切なステップです。委員会仕様に到達したということは,取りも直さず,作業がFeature Completeに達したという意味です。最終仕様が完成する前に,実装技術者が実装作業や相互運用テストに着手できる,ということなのです。

InfoQ: どのような人が恩恵を受けるのでしょうか?

OData v4は,Web上のデータサービス越しにデータのアクセスと更新を行うためのオープンなデータプロトコルを定義するものです。いわばWeb版のODBCで,HTTPやRESTといったWebプロトコルや規約に依存しています。どんなデータサービスプロバイダも(Web上でなくても),あるいはそのようなデータサービスにオープンかつ標準的な方法でアクセスを望むクライアントでも,ODataの恩恵を受けることができます。

InfoQ: 定期的に仕様を更新するような計画はありますか?

はい,6ヶ月以内にOData v4をOASIS標準に進める計画を持っています。その後もOASIS OData技術委員会を継続して,ニーズや実装経験に基づいた新機能を加えていきたいと思っています。採用数が増えるのに合わせて,OData v4も進化できるといいですね。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

特集コンテンツ一覧

.NETの派生を理解する

Wayne Citrin 2018年7月18日 午前3時44分

ASP.NET Core - シンプルの力

Chris Klug 2018年6月4日 午前3時26分

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT