BT

RESTとモノのインターネット

| 作者: Mark Little フォローする 14 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2013年10月22日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2013/10/13)へのリンク

ユビキタスコンピューティング、あるいはモノのインターネットが話題になり始めてから10年がたった。当時は夢だったが、今は現実になり始めている。私たちは今、多くの"インターネットにつながっている"デバイスに囲まれて暮らしている。標準化団体(例えばIETF)はモノのインターネット(IoT)にまつわるさまざまな面について作業を重ねている。Concise Binary Object Representation (CBOR)プロトコル(可能な限り小さなメッセージに多くのデータを詰め込むためのプロトコル)などだ。

Concise Binary Object Representation (CBOR)は、極端に小さなコードサイズ、かなり小さなメッセージサイズ、バージョンネゴシエーションなしの拡張を目的としたデータフォーマットだ。ASN.1やMessagePackというような初期のバイナリ直列化とは設計の目的が違う。

しかし、RESTがこの領域に適用されるのは時間の問題だった。IETFによって許可を与えられたConstrained RESTful Environments (CoRE)ワーキンググループが提供するのは、

[...] 制約のあるIPネットワーク上で動作するリソース志向アプリケーション向けのフレームワークです。制約のあるIPネットワークはパケットサイズが制限されており、パケットロスが高い頻度で発生する可能性があり、普段は電源がオフになってるものの、定期的に短い期間だけ"起動"する数多くのデバイスにつながっている可能性があります。

制限のあるデバイス向けのアプリケーションを開発するためのフレームワークの一部として、ワーキンググループはConstrained Application Protocol (CoAP)も定義している。これらのデバイス向けにリソースを修正するためだ。

ワーキンググループはCoAPとHTTP REST APIのマッピングを定義します。このマッピングは特定のアプリケーションに依存しません。制限のあるネットワークと普通のネットワークとの境界にプロキシがある必要はなく、制限のないネットワークのどこに配置しても問題ありません。

また、ワーキンググループはすでにこのプロトコルがサポートしなければならない項目を定義している。

  • デバイス上のリソースを作成、読み取り、更新、削除する能力
  • 信頼できないマルチキャストメッセ0時を特定のデバイスグループに送信する能力
  • UDP上で運用され、一部(制限されたかたちで)TCPをサポートする
  • HTTP RESTベースのAPIとデバイスとの通信の変換の仕様

ワーキンググループは立ち上げられたばかりなので、まだわからないことが多い。例えば、セキュリティだ。しかし、CoAPをJavaでjCoAPを使ってサポートするプロジェクトがすでに動いている。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT