BT

DevOpsはアジャイルをどう補完するのか

| 作者: Ben Linders フォローする 23 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2013年11月26日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2013/11/15)へのリンク

アジャイルがすべてのように見える時代に、なぜこうもDevOpsが注目を集めているのだろうか。ブリストルのNokia Entertainmentから来たJohn Clapham氏は語る。アジャイルにはマニフェストと原則があり、人とステークフォルダの明確化、よりすばやいデリバリー、より幸福な顧客にフォーカスしている。なぜDevOpsが必要なのだろうか? Agile Methods in the Finance Sector and Complex Environmentというカンファレンスで、John氏はDevOpsとは何か、DevOpsはビジネスに何をもたらすのか説明した。

Nokia Entertainmentはアジャイルソフトウェア開発を実践していたが、3か月のリリーススケジュールで動いていた。デリバリーをもっとすばやくする方法を求めて、彼らはDevOpsが役に立つかどうか調査した。DevOps苦労話のDevOps @ Nokia Entertainmentで、John氏はそう説明した。もし本当にDevOpsに価値があるなら、理解したいし育てたいとJohn氏は言う。だが、植物を育てるのと同様に、それが必要とする状態を理解する必要がある。それはアジャイルとは違うかもしれない。

多くの組織では、次のような緊張関係がIT運用と開発を隔てている。

  • 安定性 vs 変化
  • 運用カルチャー vs 開発カルチャー

もし緊張関係が足らないなら、どちらも独自の技術的課題を抱えているということだ。

Nokia Entertainmentは、協力と信頼のカルチャーを作る必要があった。それにより、知識と責任を共有できるようになる。これらは人的側面に気を配り、永続的に続くかのような組織に変化をもたらした。

継続的デリバリーなどの取り組みとともに、DevOpsはNokia Entertainmentの実行スピードを徹底的に改善した。デリバリーは2倍すばやくなった。DevOpsを実践することは、安定性と変化のどちらかではなく、2つのバランスを見つけるのに役立った。品質、コスト、効率を改善するのにも役立ったし、IT運用が早期に関わることで、製品の信頼性も高まった。また、こうしたアプローチは、自律性と専門技能へのフォーカスをもたらし、モチベーションを高めるのに役立った。これにより従業員との関係も改善された。強固なDevOpsカルチャーは社員を引き付けて、つなぎ留めるのにも有用だと多くの組織が報告している。

DevOpsがアジャイルと違うのは、熱心なコミュニティによってドライブされていることだ。その善し悪しは、時が教えてくれるだろう、とJohn氏は言う。今のところ、DevOpsはいかしたパッケージであり、ソフトウェアをデリバリーする上でよく見られるけれども困難な問題に取り組むためのパターンだ。カルチャーにフォーカスして共有することは、Nokia Entertainmentによい結果をもたらした。だが、それが継続するかどうかは興味深いところだ。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT