BT

TelerikのListBoxコントロール - テンプレート,Itemsコレクション,自動サイズ変更,ページングをサポート

| 作者: Anand Narayanaswamy フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2013年12月9日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2013/11/25)へのリンク

TelerikのASP.NETコントロールスイートに同梱されているLightBoxポップアップコントロールは,テンプレートをサポートしている。イメージやiFrame,HTMLコード,ASP.NETサーバコントロールなど,さまざまなタイプのコンテントを保持することが可能だ。SqlDataSourceやLinqDataSource, EntityDataSource, ObjectDataSourceといった,異なるデータソースにバインドすることもできる。

コントロールは自動サイズ変更やキーボードナビゲーション,ページング,モダリティなどの機能を備えている。オープンと非表示,次/前の操作などで,別々のサイズ変更やフェードアニメーションを設定することも可能だ。Visual Studio 2013のツールボックスでダブルクリックすればコントロールを配置できる。使い方は次のようになる。

<telerik:RadLightBox ID="RadLightBox1" runat="server" DataSourceID="SqlDataSource1"
DataImageUrlField="ImageUrl"
DataTitleField="ImageName"
DataDescriptionField="ImageInfo">
</telerik:RadLightBox>

上記のコードでは,コントロールはSQL Serverデータソースにバインドされている。他のコントロールと同じように,codebehind属性を使ってバインドすることも可能だ。ListBoxにはItemsコレクションがひとつ含まれている。コントロール宣言,C#あるいはVBによるcodebehind,クライアント上のJava Script API使用という,3つの方法で管理することができる。

Itemsコレクションを扱うためには,RadLightBoxItemのオブジェクトを生成して必要な記述やタイトル,URL,幅と高さを追加する。そして最後に,オブジェクトのコレクションをRadLightBoxコントロールのインスタンスに,以下のように設定すればよい。

RadLightBox1.Items.Add(newItem);

Telerikのソフトウェア開発者であるDaniel Peichev氏は自身のブログ記事で,トリガコントロールとItemsコレクション内の項目との関連付けを行うのに必要なステップを検証している。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT