BT

ORMツール Hibernare 4.3がリリース,JPA 2.1仕様を実装

| 作者: Jan Stenberg フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2014年1月13日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2013/12/31)へのリンク

Javaベースのオブジェクト-リレーショナルマッピング(ORM)フレームワークであるHibernate ORM 4.3の最終版が先日リリースされた。ストアドプロシージャのサポートとエンティティグラフを提供するとともに,2013年5月にリリースされたJPA 2.1仕様 – JSR 338の実装として認定されている。

今回のリリースのおもな目的は,JPA2.1仕様に加えて,次のような新機能をサポートすることにある。

  • プロバイダやデータベースベンダに依存しない,標準化されたストアドプロシージャと関数呼び出し処理のサポート。
  • タイプセーフな方法によるUPDATEおよびDELETEクエリの定義と実行が可能になった。
  • ライフサイクルイベントを個別のクラスに実装するためのエンティティリスナで,依存性注入のためにCDI標準 (JSR-299) が使用可能になった。
  • AttibuteConvererによって,データベース内の表現と対応するオブジェクトの間で,基本データ値を変換できるようになった。
  • Entityグラフによって,エンティティとそのサブエレメントがロードされる方法を定義できるようになった。グラフのロードされる方法を動的に変更することも可能だ。
  • プロバイダに依存しない,標準化されたスキーマ生成方法のサポート。すべてのプロバイダが対応する,構成設定のベースラインも提供されている。
  • 永続コンテキストと現在のトランザクションとの同期がSynchronizationTypeでコントロール可能になった。
  • @ConstructorResultアノテーションを使用することで,SQLクエリから返された引数値を用いたオブジェクト構築が可能になった。

新しいJPA仕様に関連しないその他の重要な変更には,次のようなものがある。

  • OSGi環境のサポートが拡張された。Hibernate 5ではさらにサポートが向上する予定だ。
  • インラインのダーティチェックがサポートされた。Hibernate内での新たなバイトコード拡張のサポートに基づいて,状態の変化したエンティティを検出する。

新バージョンに対応してドキュメントもアップデートされている。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT