BT

新しいDesired State Configurationリソースが登場

| 作者: João Miranda フォローする 2 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2014年1月16日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2014/01/06)へのリンク

PowerShellチームは新しいDesired Configuration State (DSC)リソースをリリースした。これはコンピュータの構成を実現する構成ブロックだ。リソースキットが公開されたのはPowerShellコミュニティが、より多くのDSCリソースを作成するのを促すために公開された。

DSC Resource Kit Wave 1には8つの新しいリソースが含まれており、5つのモジュールにパッケージ化されている。xWebAdministrationxComputerManagementxPSDesiredStateConfigurationxNetworkingxHyperVだ。組み込みのリソースとともにこのリソースキットを使うとDSCでゼロからウェブサーバを構成できる。

xWebAdministrationモジュールにはxWebsiteリソースが含まれている。このリソースを使うとウェブサイトを構成できる。xComputerManagementモジュールには、xComputerリソースが含まれており、コンピュータをリネームしたり、ワークグループやドメインを変更できる。xPSDesiredStateConfigurationモジュールにはxDscWebServiceリソースが含まれており、プルサーバであるDSCサービスを構成できる。xNetworkingモジュールはふたつのリソースを含んでいる。xIPAddressとxDnsServerAddressだ。ノード、つまりコンピュータのIPアドレス、DNSサーバのアドレスを構成する。xHyperVモジュールは仮想マシンを構成できる。つまり、Hyper-V仮想ハードディスクファイル(VHD)仮想スイッチというWindowsの仮想サーバ環境だ。これらの機能はxVMHyperV、xVhd、xVMSwitchリソースでそれぞれ構成される。

このDSC Resource KitにはMicrosoftはサポートプログラムやサービスを提供していない。このことを示すために、モジュールとリソースにはプレフィックスとして"x"がついている。開発チームはフィードバックをもらえれば、フィックスを提供するかもしれない

DSC Resource Kitに含まれるすべてのリソースは、コピー、修正ができる。リソースを修正する場合は、そのリソースやモジュールや関連する物をリネームすることが推奨されている。"MSFT"を置き換えて、自分の組織の名前にし、"x"を削除するのだ。例えば、MSFT_xWebsiteをContoso_Websiteにする。

DSC Resource KitはWindows Server 2012だけで検証されている。しかし、PowerShell 4.0がインストールされていればどこでも動くはずだ。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT