BT

Tererik, Entity Framwork 6のサポートなどの機能を備えたRadControls for WPF and Silverlight Q2 2013 SP1をリリース

| 作者: Anand Narayanaswamy フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2014年1月5日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2013/12/06)へのリンク

TelerikがRadControls for WPF and Silverlight Q2 2013 SP1をリリースした。アプリケーション実行中のアイコンセット変更が可能になり,Entity Framework 6がサポートされた。その他にも,Telerik EventToCommandBehaviorの使用時にイベント引数をコマンドに渡すことが可能になるなど,いくつかの新機能と改善点がある。

Barcodeコントロールでは,テキストの長さと指定されたErrorCorrectionLevelに基づくバージョンの自動選択がサポートされている。ダイアグラムコントロールでは,コネクタのアクティベーション前に発生するイベントが新たに公開された。

WPFとSilverlightのGridViewには,新規行を編集不能モードに設定する機能が追加された。またエディタは親行の高さを基準に引き延ばされるようになり,EditTriggersもサポートされている。さらに今回のリリースでは,テンプレートの視覚的な最適化に関する改善や,矩形選択を用いた対話型の図形選択なども導入された。RadMap.MaxZoomLevelプロパティが動的に変更された場合に発生していたIndexOutOfRangeExceptionも修正され,OpenStreetマッププロバイダがサポートされている。

NumericUpDownコントロールでは,NumberDecimalDigitsプロパティのセットで上位桁への10進値表示が可能になり,NumberDecimalSeparatorを操作するプロパティが追加された。PDFViewerコントロールもアップデートされていて,シェーディングやRunLengthDecode, ColorSpaces, ClearDocument( )メソッドのサポートに加えて,DocumentSource内で発生した例外を捕捉するためのメカニズムが提供される。PropertyGridコントロールにもItemChangedイベントやエディタのキャッシング,グループ表示の折りたたみ等が改善された。

今回リリースされたSP1で追加されたSpreadsheetコントロールには,SUMIF, COUNTIF, LOOKUP, INDEXの各関数,内容検索と置換時のワイルドカード文字のサポートが実装されている。RadControls for WPF and Silverlight Q2 2013 SP1にはその他にも,PivotGridやRibbonView, RichTextBox, TabControl, TreeListViewなどにも新機能追加や改良が加えられている。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT