BT

SharpDevelop 5リリース

| 作者: Anand Narayanaswamy フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2014年2月26日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2014/02/14)へのリンク

SharpDevelop 5 Beta 1がリリースされた。クラスブラウザサーチグルーピングが搭載されており、パーシャル型のGo To定義が改善されている。また、ILSpyも統合されている。この最新のリリースのクラスブラウザはすべてのプロジェクト、名前空間、型、型メンバの階層構造を見ることができる。型メンバをダブルクリックすればコードエディタが表示され、右クリックではナビゲーションやリファクタリングコマンドを実行できるコンテキストメニューが表示される。

もとは2000年に開発されたSharpDevelopだが、今や、外部のどんな.NETアセンブリでも読み込むことができる。ILSpyと同じようにファイルシステムからでもGACからでも読み込める。開発者はダブルクリックした型の逆コンパイルしたコンテンツを見ることができる。

SharpDevelop 5以前では、ウィンドウやコントロールの型の名前をCtrl+クリックすることでクラスのXAMLを表示することができた。しかし、最新のリリースでは、移動したいファイルの名前がポップアップで表示される。また、プロジェクトを検索する機能やプロジェクトとファイルをまとめて検索する機能も提供する。また、AddIn Managerのインターフェイスも提供する。これは、IDEの機能をアドインで拡張するのに使える。アドインはNuGetや*.sdaddinパッケージファイルで追加できる。

最新のリリースには現在デバッグしているプロセスを表すノードが含まれている。読み込んだモジュールとILSpyのようにメソッドを開いたり、逆コンパイルできる。ソースコードなしでメソッドにステップインできるのだ。開発者はブレイクポイントを設定し、ステップスルーしたり、式を評価したりできる。

"私たちは今SharpDevelop 5を開発しています。多くの生産性の改善を行っています。ひとつ興味深いのはSD5はライセンスを変えたことです。SDのコードを別のアプリケーションで利用できるのです。"とSharpDevelopプロジェクトのChristoph Wille氏は言う。

SharpDevelop 5にはカーソルを使ったインサート、コンテキストアクション、コードインスペクション、スクロールバー、バックグラウンド構文チェック、リンクモード、変数の自動命名、XMLベースのツールチップなどの機能を搭載している。さらに、開発者はCtrl+F7で式をウォッチできる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT