BT

InfoQ ホームページ ニュース Build 2014の振り返り

Build 2014の振り返り

ブックマーク

原文(投稿日:2014/04/16)へのリンク

4月の最初の週にMicrosoftはカリフォルニアのサンフランシスコで毎年恒例のBuild開発者カンファレンスを開催した。Microsoftは、様々なプラットフォーム(Windows, Windows Phone, Xbox)を開発者に伝えてして、伝導するためにこのカンファレンスを使っている。これは、Microsoftがなにを重要だと感じているのか、プラットフォームがどこに向かっていくのかを洞察するのに便利である。 

3回目の参加となった私のコメントは、昨年のプレゼンテーションとの比較に基づいている。Build 2014から離れてみると、全体のテーマはMicrosoftが改めて開発者にフォーカスしていて、オープンソースでライセンスされた技術を増やすコミットメントを表明したことである。もちろん一部のMicrosoftプラットフォーム(Windows Phone / Xbox )は固定化されているが、それはそれ特有の特徴である。WinJSのようなライブラリとポータブルクラスライブラリーは、それらの環境で実行することができる。TypeScriptははじめからオープンソースである。Roslynプロジェクトは、C#とVB.NETコンパイラーを完全に書き換えて、オープンソースライセンス下でそれをリリースした。Roslyn、MonoとXamarinツールの組み合わせは、Microsoft以外のプラットフォームAndroid, Linux, iOSに扉を開いている。

前回のBuildイベントと比べて、新しいエネルギーの話しをするようにMicrosoft担当者の雰囲気は活発であった。たとえば昨年のキーノートではWindows 8.1 Updateとタッチベースのコンピューティングをサポートする新しいデバイスにフォーカスしていた。開発者中心のコンテンツもあったが、新しいデバイスに関するメッセージほどではなかった。

プレゼンテーションの選択は、違いを示すのに役立つ。Build 2014のスポットライトは、さまざまなチームや部門のヘッドが、新しいデバイスのハイライトよりも開発者コンテンツにフォーカスを当てたことである。Joe Belfiore氏, David Treadwell氏, Kevin Gallo氏 (他)は、レガシーWin32アプリケーションの移行、ユニバーサルアプリ、Windows Phoneプラットフォームの改善について議論した。昨年ハイライトしたWindows 8.1とBingプラットフォームと比較すると独自の方法は興味深いが、開発者中心ではない。

これらの技術の多くはNadella氏が就任する前に開発され、Steve Ballmer氏がCEOの間にそれが作られたため信頼が置ける。Nadella氏の先日の昇進によるMicrosoftの完全な役割と方向性は、これからに注目したい。もしかしたら、彼はサポートのフレッシュなメッセージのいくつかを提供するためにCEOに昇進したのかもしれない。

これは、その絵が完全にバラ色だと言っている訳ではない。批評家は、Windowsアプリの収束は遅すぎて、Windows PhoneはiPhoneやAndroidの座を奪うことはできず、Visual Studioは高すぎると主張する。Visual Studioのラピッドリリースをポジティブに見えるのではなく、いくつかはMicrosoftがアップグレード料金を請求するための機会であると見ることができる。(特にコメントが示すC++言語機能の次のウェーブには、公式に製品環境/Go-Liveで使うために次のバージョンが必要になる。)

最後にまとめると、Microsoftはまだ先に多くのチャレンジがあり、それは同社が競合他社の正面に立っているということである。 Windowsプラットフォームのサポートを再活性化して、顧客がよりよい製品を得るための機会を向上させる必要がある。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。