BT

Dart 1.3のパフォーマンスはNode.jsと同レベルに

| 作者: Abel Avram フォローする 7 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2014年4月21日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2014/04/10)へのリンク

GoogleのDartチームがDart SDK 1.3を発表した。これには非同期サーバサイドコードのパフォーマンス改善が含まれており、Dart VMは別のGoogleテクノロジーであるV8エンジンを使ったNode.jsと同レベルになったようだ。

Dartは新しいパフォーマンスのページを用意し、HTTPサーバのリクエスト/sec、平均遅延、最大遅延を3つのケースで測定することで、VMとdart:ioライブラリのパフォーマンスをグラフ化している。

  • Hello - すべてのリクエストに対して文字列 “world” で応答するシンプルなHTTPサーバ

  • File - 100KBのファイルの内容を返すHTTPサーバ

  • JSON - 動的に生成したJSON文字列を返すHTTPサーバ

このチャートによると、Dart 1.2と比べて、DartサーバはHelloとJSONのシナリオで2倍以上のトラフィックをさばけるようになり、Fileリクエストに対しては30%改善している。結果的に、平均遅延はHelloとJSONで半分以下に、Fileで約30%削減されている。これまで最大遅延はHelloとJSONそれぞれ約125msと300msで大きく変動していたが、今や値はかなり安定して約5msと7msになっている。

GoogleのエンジニアAnders Johnsenによると、Dartのサーバサイドのパフォーマンス改善は、世代別GCの利用、 Mac OSとLinuxにおける非同期I/O処理のシステムコール数の削減、VMコンパイラとdart:coreおよびdart:asyncのコードセクションの最適化によるそうだ。

2013年12月時点のTechEmpowerのベンチマークによると、Dart/nginxが約35,000 JSONリクエスト/secなのに対し、Node.jsは約70,000リクエスト/secだった。Dartは2倍以上のJSONリクエストを扱えるようになったので、Dart VMはNode.jsと同レベルになったのではないかと思われる。これは今後のTechEmpowerベンチマークで確認できるだろう。同じベンチマークによると、GoogleのGoで作ったシンプルなHTTPサーバは約215,000 JSONリクエスト/secで、すべてのフレームワーク/プラットフォームを凌駕しているようだ。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT