BT

Hadoopがセキュリティを強化,操作性を改良

| 作者: Roopesh Shenoy フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2014年4月27日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2014/04/18)へのリンク

Hadoop 2.4.0が先日リリースされた。HDFSとYARNを対象とする拡張の中には,アクセスコントロールリストのサポート,ローリングアップデートのネイティブサポート,HDFSでHTTPSを完全サポート,YARNの自動フェールオーバなど,操作面での改善が含まれている。

今回のリリースは,2014年になって2回目のものだ(2月にリリースされた2.3.0が1回目)。機能強化について簡単に説明すると –

  • アクセスコントロールリストによってHDFSの権限モデルを強化すると同時に,ユーザとグループの任意の組み合わせによるファイルアクセス管理をサポートする。これまでは,わずか3つの定義済みオプション – ひとりの所有者,ひとつのグループ,その他すべてのユーザ – から選択しなければならなかった。
  • ローリングアップデートによって,大規模なHadoopインストレーションのアップグレードの管理がこれまでよりも容易になる。
  • HDFSのすべてのコンポーネント – WebHDFS, HsFTP, Webインターフェース – に対してHTTPSがフルサポートされる。
  • YARN アプリケーションヒストリサーバ – YARN上で動作するアプリケーションの履歴に関する,汎用的なソリューションを提供する。
  • 統括的アプリケーションタイムラインサーバにより,使用するコンテナや消費リソースといった,YARN上で動作するアプリケーション固有のメトリックに関する,より適切な測定が可能になる。
  • YARNの自動フェールオーバ – ハードウェア故障などの運用障害に対して,アプリケーションのコールドスタンバイのResourceManagerへのフェールオーバが可能になる。

開発チームはさらに,次期リリースである2.5.0の機能も紹介している –

  • ローリングアップグレードの更なる向上
  • コントロールとスケジューリングを強化するための,YARN内のサーバの管理者参照用ラベル
  • YARN内でのアプリケーション間のリソース委譲と,YARNのワークロード管理機能のアプリケーションからの利用を可能にする
  • YARN分散キャッシュ内の情報の自動共有

最新リリースのダウンロードと,詳細を記したリリースノートが公開中だ。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT