BT

パブリッククラウドTop10とプライベートクラウドTop6(RightScale調べ)

| 作者: Abel Avram フォローする 11 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2014年4月19日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2014/04/02)へのリンク

クラウド横断サービスプロバイダRightScaleが今年2月に実施したState of Cloud 2014調査結果を発表した。この記事では重要なポイントについて紹介する。

この調査によると、クラウドコンピューティングはソフトウェア業界に広まっているようだ。回答者の94%が利用したり実験をしており、29%がパブリッククラウドを、58%がハイブリッドなものを、7%がプライベートなソリューションを使っている。

予想通り、パブリッククラウドプロバイダのトップはAmazon AWSで、ユーザの54%が使っている。その後をRackspaceとGoogle App Engineが追う状況だ。以下のチャートは、IaaSとPaaSを合わせたパブリッククラウドのトップ9を示している。合計で100%を超えているのは、複数のソリューションを使っている回答者がいるためだ。

大企業と中小企業とで分けると、VMwareとAzureは大企業で、RackspaceとGAEは中小企業で健闘しているが、AWSは大企業で49%、中小企業で56%とリーダーの座を占めている。

プライベートクラウドに関してはVMwareとOpenStackがひとつ抜けている。この調査では「VMwareやMicrosoft(の仮想化ソリューション)はクラウドコンピューティングの要件すべてを満たすわけではないが、多くの回答者がこうした環境をプライベートクラウドとして見なしているため、回答者にはそれらをプライベートクラウド技術として見なす選択肢を与えた」と述べている。

OpenStackは去年と比較してほぼ倍になっており、VMware vCloud、CloudStack、Eucalyptusはそれぞれ20-30%落としている。

構成管理ツールの分野は、PuppetとChefで分け合っており、以下の表にあるように、去年とは立場が入れ替わっている。

  Puppet Chef
2013 25% 19%
2014 21% 26%

調査方法: RightScaleは、複数の業界から大小さまざまな組織を代表する技術幹部、マネージャ、実務者、1068名にインタビューした。28%はRightScaleのユーザであり、72%はユーザではなかった。回答者の254名は従業員1000名以上の企業に所属し、814名は従業員1000名以下の企業に所属していた。許容誤差は3.2%だった。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT