BT

GoogleがProject ARA向けの開発キッドをリリース

| 作者: Sergio De Simone フォローする 12 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2014年5月12日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2014/04/28)へのリンク

GoogleはProject Ara向けのModule Developers Kit (MDK)をリリースした。Project Araはフリーのオープンなハードウエアプラットフォームを開発するための運動で、モジュール度が高いスマートフォンを作成するのが目的だ。このMDKはモジュール開発者向けにAraプラットフォームを定義し、さまざまな設計に対する参照実装を提供する。ARAの最大の目的は低コストでリッチなモジュールエコシステムを生み出すことだ。
 
Araは基本的には次の3つのパーツでできている。
  • オンデバイスのポケットスイッチのデータネットワーク
  • 柔軟なパワーバス
  • モジュールを結合させるインダストリアルデザイン
Googleによれば、このプラットフォームの大きな特徴のひとつは、豊富なモジュールエコシステムが活用できることだ。ユーザはその中から、モジュールを選ぶことができる。ディスプレイやキーボード、追加バッテリのようなモジュールをオンラインマーケットプレイスから調達できるようになるだろう。さらにユーザは不良なモジュールを取り替えたり、モジュールを個別に更新したりできる。これによって、ハンドセットの寿命が長くなり、電気廃棄物も少なくなる。
 
最初のAra MDKのリリースでは、単一のアプリケーションプロセッサ(AP)モジュールが使われるが、今後のリリースで複数のアプリケーションプロセッサモジュールがサポートされる。APはAndroidソフトウェアのスタックを実行する。さらに、カメラやディスプレイ、ヒューマンインターフェースでバイスなどに対応するモジュールに加え、MDKは新規でユニークで、特別な目的のモジュールもサポートする。
 
モジュール化された携帯の最初のモデルは2015年1月ごろリリース予定だ。価格は50ドル程度。2014年中にProject AraチームはMDKのアルファ、ベータをリリースして、開発者からフィードバックを得るつもりだ。
 
Wikipediaによると、初期のモジュールPhoneblocksのコンセプトは、実現可能性がなく、動くプロトタイプがなく、ほかにも開発や運用に懸念があった。Motorolaが参画した後、容積の効率性とモジュラリティのトレードオフなどのモジュールのコンセプト自体の潜在的な問題に関心が移動した。現在のプロトタイプではTime誌によれば、9.7ミリで、従来のスマートフォンよりも薄い。
 
プロジェクトはもともと、Motorola MobilityのAdvanced Technologies and Projectsチームが率いていた。GoogleがMotorolaを Lenovoに売却した後も、プロジェクトチームはそのままであり、Android部門の傘下で活動している。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT