BT

Google Chrome PDFエンジンがオープンソース化

| 作者: Sergio De Simone , 翻訳者 尾崎 義尚 投稿日 2014年6月29日. 推定読書時間: 1分未満 |

原文(投稿日:2014/06/20)へのリンク

Googleは、PDFファイルの閲覧、印刷とPDFフォームの入力が可能な、Chrome PDFエンジンをオープンソース化した。GoogleがChrome PDFエンジンのベースとして選択したFoxit PDF SDKの開発元であるFoxit Softwareから今月初めに発表された。以前はクローズドソースであったChrome PDFのコードは今、PDFiumオープンソースプロジェクトとしてGoogle Sourceにホストされている。

GoogleのオープンソースプロジェクトChromiumのエバンジェリストで、以前はChrome機能の漏洩者として知られていたFrançois Beaufort氏によると、"オープンソース化されたFoxitのPDF技術により、Chromiumチームは開発者に堅牢で信頼性の高いPDFライブラリーで、閲覧、検索、印刷、PDFファイルへのフォーム入力を提供します。" Chrome UIエンジニアのPeter Kasting氏は、PDFium について、"オープンソースの世界ではほぼ確実に最高品質のPDFエンジンを提供している。"と説明した。

PDFiumのwikiでは、ライブラリーの使用を開始するための有用な2つのポインターを提供している:

PDFiumのビルドシステムは、メタビルドファイルからプラットフォーム固有のビルドを生成するGYPがベースになっている。GYPのおかげで、PDFiumはmakefileを通じて、プラットフォームに応じて、Visual StudioソリューションやXcodeプロジェクトを簡単に構築することができる。

InfoQが検証してみたところ、ビルドプロセスは簡単で、ビルドファイルはデスクトップ環境に生成された。 ライブラリーがモバイルデバイスで実行できるのか、Foxitもまた特定の組み込みシステム向けのPDF SDKで作成するのかは明かではない。

PDFiumのオープン化により、Chromiumでオープンに利用可能なChromeのリストは長くなった。オープンソースにまだなっていない注目すべきコンポーネントは組み込みのFlashプレイヤーである。

このプロジェクトは"新しいBSDライセンス"下でリリースされている。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション
BT