BT

STOMPとApache Camelの実装が追加されたHazelcastMQ v1.0.0

| 作者: Jan Stenberg フォローする 33 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2014年7月21日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2014/06/30)へのリンク

メッセージハンドラHazelcastMQのバージョン1.0には,STOMPのクライアントとサーバのJava実装と,Mike Pilone氏が先日レポートしたApache Camelコンポーネントが同梱されている。

HazelcastMQは,インメモリ・データグリッドであるHazelcastの持つ,キューとトピックによるベーシックなデータ構造の上に,メッセージング層を実現するソフトウェアだ。単一のJVMの他,複数のノードで構成されたクラスタに配置することもできる。この追加によって集中型のブローカを必要とすることなく,クラスタ化されたスケーラブルなメッセージングアーキテクチャが容易に構築可能になる,と氏はレポートしている。

HazelcastMQは次のようなコンポーネントで構成される。

  • コアメッセージキュー(MQ)ライブラリ - メッセージ送受信用にJMS 2.0タイプのAPIを提供する。
  • Apache Camelコンポーネント実装 - Camel統合フレームワークとEIP(Enterprise Integration Patterns)を,Spring Frameworkに依存することなくサポートする。リクエスト/リプライメッセージング,同時コンシューマ数などの設定が可能なコンシューマおよびプロデューサもサポートに含まれる。
  • コア上のJMS 1.1インプリメンテーション。
  • STOMPサーバ - すべてのコマンドをコア内のプロデューサとコンシューマにマッピングする。Stomplet実装によって,非Javaクライアントを使用したメッセージの送受信も可能だ。下位層としてクラスタを使用すれば,各ノード上でローカルSTOMPサーバを稼働させて,Hazelcatに全ネットワーク通信を処理させることもできる。
  • Yeti - Netty上に構築されたSTOMPサーバおよびクライアントのフレームワーク。既存ブローカへのSTOMP構築が容易になる。Yetiは下位のネットワークIOを仮想化して,高速で再利用可能なSTOMPフレームコードとチャネルハンドラを提供する。

それぞれのモジュールに含まれるコードサンプル以外に,独立したサンプルモジュールも用意されている。

InfoQも今年初めにHazelcastを導入した

STOMPすなわちSimple(またはStreaming) Text Orientated Messaging Protocolは,相互運用可能な通信フォーマットを提供するプロトコルである。STOMPクライアントは任意のSTOMPメッセージブローカと通信可能であることによって,複数の言語やプラットフォームとの相互運用を実現する。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT