BT

Ready for InfoQ 3.0? Try the new design and let us know what you think!

Regional Scrum Gathering India 2014,第1日

| 作者: Savita Pahuja フォローする 3 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2014年7月28日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2014/07/12)へのリンク

Regional Scrum Gathering India 2014は,ベーダーンタの伝統指導者であるNiloofer Giri氏による基調講演 “The Power of Relationships” で幕を開けた。氏が語ったのは,我々の関係を支配する見えざる法や原則についてだ。これらの法を知ることが,人間関係において,気付かないうちに他人を,あるいは我々自身を傷付けないことになる。

続いて基調講演 “WANTED: Agile Coach, Scrum Master, Janitor, whatever…Making enterprise Agile transformations successful” を行ったのは,Daniel Gullo氏 - CSS, CST - である。氏は,アジャイル移行の成功例におけるさまざまな役割の違いと,それぞれの責任に伴う特徴について講演した。

氏は実際のスクラムコーチの特徴を説明した。このプレゼンテーションで注目したのは,以下の7つの点だ。

  • アジャイルになりたい理由を知る
  • コーチが何をするかを明確にする
  • 必要なコーチングのレベルを理解する
  • 変化はよいことだ(そして不可避だ)
  • 数量対品質
  • 信頼は銀行口座だ
  • 有意義な変化には忍耐が必要

第3の基調講演は,Scrum AllianceマネージングディレクタのCarol McEwan氏による質疑応答セッションだった。代表者がスクラム認証やCSPのためのSEU収集,認証の更新などに関して多くの質問をした。

昼食後は4つのトラックで,セッションが並列で実施された。 内容は講演やイノベーションゲーム,ケーススタディなどだった。また公開エリアでは,コーチングクリニックも行われていた。

第1日はオープンディスカッションとライトニングトークで終了した。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

特集コンテンツ一覧

C# 8の非同期ストリーム

Bassam Alugili 2018年10月11日 午前3時13分

BT