BT

Regional Scrum Gathering India 2014,第2日

| 作者: Savita Pahuja フォローする 3 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2014年7月28日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2014/07/14)へのリンク

RSGI Conferenceの2日目は,BT&BT Management Consultancy CEOのV. Srinivasa Rao氏による,”Digital Apps Development“と題した基調講演で始まった。講演の要点は次のようなものだ。

  • ハイパーコネクトされた世界
  • デジタル製品/サービス/プロセス
  • デジタルアプリ(Digital Apps)対アプリケーション
  • デジタルアプリの継続的デリバリ

氏が話題にしたのは,デジタルアプリの継続的デリバリだ。DevOpsとは,”フローとしてのソフトウェアデリバリの実現”に他ならない。そのフローを維持するためには,アジャイル手法やムダの発生チェック,バリューストリームマップ,継続的デリバリの計画,視覚的な制御管理とコラボレーションが有効だ。

続いてRajesh Patil氏が,“Scrum lessons from service organizations”と題した基調講演を行った。氏はサービス環境のチームが直面した課題を紹介し,厳格,忍耐,努力によってそれらをいかに克服したかを論じるとともに,自身が苦労を共にしたさまざまなチームのケーススタディを公開した。

休憩後のカンファレンスは組織行動,スクラムのスケール化,チーム行動,スクラム関連,ツールという5つの並行するトラックに分かれて行われた。

オープンエリアを使って終日行われたコーチングクリニックでは,CSCやCSTたちがアジャイル実践に関する参加者の疑問に答えていた。コーチパネルにはDaniel Gullo氏 (SolutionsIQ, CSC, CST) ,Carol McEvan氏 (Scrum Alliance, マネージングディレクタ),Zuzi Sochova (Agilni Asociace創業者,アジャイルおよびスクラムコーチ),Arne Ahlander氏 (Aqqurite AB創業者,主席コンサルタント),Manoj Vadakkan (Northern Star Consulting, 認定スクラムトレーナ,アジャイルコンサルタント,アジャイルコーチ),Daniel Teng氏 (Odd-e, 認定スクラムコーチおよびスクラムトレーナ) といった面々が並んだ。参加者たちは返答を得るために質問したり,自身の見解や疑問をホワイトボードにポストしたりしていた。コーチに質問に来た参加者すべての写真を撮影,掲示するボードも用意されていた。

パネルディスカッションの後に閉会式が行われて,イベントは終了した。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

特集コンテンツ一覧

.NETの派生を理解する

Wayne Citrin 2018年7月18日 午前3時44分

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT