BT

CoreOS、CoreOS Enterprise Registryをローンチ

| 作者: Carlos Sanchez フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2014年8月25日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2014/08/21)へのリンク

CoreOSがQuay.ioの買収と、Quay.ioがホストするサービスをベースにしたファイアウォール内で使えるプライベートなDockerレジストリ、CoreOS Enterprise Registryのローンチを発表した。

CoreOSは、Dockerコンテナの実行と大量サーバでの分散アプリケーション構築をターゲットにした新しいLinuxディストリビューションを開発しているスタートアップだ。彼らはこのソリューションを、自分のDockerレジストリを動かしたい企業向けに開発している。これにはアクセスコントロールリストとLDAPサポートを備えたユーザ管理、リッチなUI、検索のためのインデックス、協調作業のための組織内チームのグループ化と権限付与のためのツールが含まれている。またサービスには、Githubのcommitごとにコンテナのビルドをトリガーし、コンテナを自動的にビルドしてプライベートレジストリにプッシュする機能も含まれる。

Quay.ioはデフォルトのDocker Hubの代替サービスであり、どちらもフリーのパブリックレジストリと月額課金のプライベートレジストリを提供している。新しいEnterprise Registryサービスの一番の違いは、ファイアウォール内のユーザサービスで動かせることだ。

Enterprise Registryのローンチについて、CoreOS CEOのAlex Polvi氏はこう語った。

私たちは、コンテナとウェアハウススケールコンピューティングに関心のある企業に、完全なソリューションを提供したいのです。新しい世界のアプリケーション実行には、レジストリとのやりとりが含まれます。そうしたアプリケーションを構築するため、私たちは単なるコンポーネントではなくソリューションを提供することによって、顧客が1つのベンダーと仕事ができるようにしたいのです。

Enterprise Registryは、サポート、アップデート、(OSの利用、メンテナンス、アップデートを簡単にするための)プレミアム管理ツールを含む企業向けサービス、CoreOS Managed Linuxの顧客にも提供される予定だ。これにより独自のDockerレジストリを動かせる。

サービスを試したい人に向けて、Quay.ioは今後サインアップする1000ユーザに対し、6ヶ月の "Yacht" プラン(20のフリープライベートDockerリポジトリを含む$50/月のプラン)を提供している。

CoreOSは新しいEnterprise Registryを開発しながら、Quay.ioがホストするサービスにも投資を継続する予定だ。また、彼らはこの買収を利用してQuay.ioの開発者をチームに加えるとともに、San FranciscoにあるヘッドクォーターにNew York Cityのオフィスを加えることで、東海岸と西海岸におけるチーム拡張に備えている。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT