BT

MicrosoftがTools for Unityをリリース

| 作者: Jeff Martin フォローする 16 人のフォロワー , 翻訳者 尾崎 義尚 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2014年8月11日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2014/07/31)へのリンク

7月の1週目にMicrosoftは、SyntaxTreeを買収して、Visual StudioのUnityVSプラグインをリリースした。Microsoftは買収以来、最初のバージョンのUnityVSをリリースして、Visual Studio Tools for Unity (VSTU)にリブランドした。バージョンは1.9となっており、このプラグインは、商用エディションであるVS2010 Professionalまでさかのぼってサポートする。

VSTUは、Visual Studioを使ったUnityの開発を簡素化する。これには、UnityコードをVisual Studioから直接デバッグする機能が含まれている。Unityからのメッセージは、統合されたUnityコンソールを通じて、直接VS IDEからアクセスすることができる。

1.9リリースでは、(SyntaxTreeを通じて)Microsoftは以下のアップデートを促進している:

  • 高速化されたデバッガー。デバッガーのアタッチ、デタッチだけでなく、ローカル変数の展開が高速化された。
  • 起動の高速化。VSTUプロジェクトの起動が高速化された。
  • C#構築の処理が高速化。ローカル変数ウィンドウは、デバッグイテレーターやクロージャー内でアクセスされた変数が読み込まれるようになった。
  • ゲームとワンクリックでデバッグセッションを開始。この機能は私たちがもっとも望んでいたもののひとつだ: 単にデバッグターゲットを変更することで、デバッガーをアタッチして、ゲームを開始することができるようになった。これは、Visual Studio 2012と2013にのみ提供されている。

変更ログをより詳しく見ていくと、いくつかの追加構成オプションで、デバッグセッション中のUnityの動作をカスタマイズできるようになっているのと、いくつかのバグ修正が提供されている。ログにはまた、UnityにおいてC#が人気であると認識していて、“VSTUソリューションは現在、C#のみで、読み込みが大幅に高速である”と記載されている。

上記の通り、VSTUはVisual Studio Galleryで、VS2010VS2012VS2013向けに提供されている。Professional以上のエディションが必要である。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

特集コンテンツ一覧

.NETの派生を理解する

Wayne Citrin 2018年7月18日 午前3時44分

ASP.NET Core - シンプルの力

Chris Klug 2018年6月4日 午前3時26分

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT