BT

npm 2.0リリース、プライベートなNode.jsモジュールの管理などを追加

| 作者: Sergio De Simone フォローする 12 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2014年10月5日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2014/09/24)へのリンク

Node.jsの標準パッケージマネージャーであるnpmのバージョン2.0がリリースされた。新機能のscoped packageはプライベートなNode.jsモジュールの管理を、まるでパブリックリポジトリの一部であるかのように簡単にしてくれる。また、この新バージョンには新しいリリースプロセスが導入され、信頼性の改善も含まれている。

npm 2.0リリースノートによると、scoped packageは「npm 2の目玉機能」だ。scoped packageは他のパッケージ同様の名前と、スコープを持つ。スコープを使うことで、次のようにパッケージを特定することができる。

@somescope/somepackagename

スコープは関連するパッケージをまとめる手段を提供する。パブリックパッケージが node_modules_base_dir にインストールされるのに対して、同じスコープに属するパッケージはすべて同じディレクトリ node_modules_base_dir/@myScope にインストールされる。スコープの興味深いところは、プライベートレジストリに関連付けできることだ。

npm login --registry=http://reg.example.com --scope=@myco

このように関連付けることで、パブリックなnpmレジストリと1つ以上のプライベートレジストリにあるパッケージをシームレスに組み合わせて使えるようになる。

scoped packageの他、バージョン2.0に向けた作業の多くは競合状態の修正に投じられた。ただし、修正が待たれる既知の競合状態が少なくとももう1つ残っている。とはいえ、今回なされた作業は「常に正しく動作する可能性が高いだろう」。

最後に、npm開発チームはdist-tagsに基づく新しいリリースプロセスを公開した。簡単に言ってしまうと「公開されるバージョンが毎週少なくとも2つある。すなわち、万人向けのnpm@latestと、新しいものを試したい人もしくはnpmのテストを助けたい人向けのnpm@nextだ。」

NPM 2.0はnodeのバージョン0.8以降を必要とし、そのバージョニングにはsemverのバージョン4.0を用いている。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT