BT

Ready for InfoQ 3.0? Try the new design and let us know what you think!

Visual Studio "14"でWeb開発するための新しい仕組み

| 作者: Jeff Martin フォローする 19 人のフォロワー , 翻訳者 尾崎 義尚 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2014年10月30日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2014/10/22)へのリンク

Visual Studio “14”は、開発を続けており先日4番目のプレビューをリリースし、その中でいくつかのWeb中心開発の取り組みを垣間見ることができる。個々では大きなものには見えないが、全体としてエディタにおける日々の質を高める進化を遂げている。

非同期JSONスキーマの読み込み、スキーマのキャッシュ、IntelliSenseの改善、JSONスキーマの検証により、JSONファイル編集のパフォーマンスが改善された。読み込まれたスキーマはVisual Studioセッション間で保持され、すべてのアクセスで再ダウンロードされるより節約される。再読込が必要な場合は、コンテキストメニュー(またはCTRL+SHIFT+J)の“Reload Schemas”により再読み込みされる。

エディタの拡張を使うことにより、ファイル内のJSONデータのミニファイ、アンミニファイができる。たとえば、既存のJSONデータでやってると:

選択してUn-minify:

HTML編集におけるメリットは通常のバグ修正と更新されたIntelliSenseだが、多くの開発者にとっての最大の改善は、二重波括弧 {{ }} の扱われ方に関する部分である。特に二重波括弧の中の内容は無視されるため、AngularやHandlebarsのようなテンプレートフレームワークではフラストレーションが大幅に少なくなるだろう。同様に、エディタが認識していない要素を見つけたときに、カスタムエレメントの不明な属性の検証をせず、(おなじみの赤い波線でマークされた)認識されるエラーの数を減少させる。

HTMLは、エディタに認識されたエレメントのツールチップを表示する:

#regionサポートによりコードの折りたたみをサポートした。サンプルコードは折りたたまれた:

そして展開もできる:

同様にコメント(<--- --->)にTodo: or Hack:のようなキーワードをマークアップして、エディタが認識すると、Visual Studioのタスクリストウィンドウにそれらを表示することができる。

最後に既存のブラウザーリンク機能は、CSS自動同期の組み込み機能があるが、ブラウザーは、Visual Studioの編集セッションを通じて、CSSファイルの編集された変更を表示することができる。スタイルシートを変更するときに編集/レビューサイクルをスピードアップできる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション
BT