BT

InfoQ ホームページ ニュース BlendはVisual Studioに近づいた

BlendはVisual Studioに近づいた

ブックマーク

原文(投稿日:2014/11/20)へのリンク

Visual Studio 2015スイートの一部として、Microsoftは同梱されたBlendアプリケーションを更新した。Blendは、XAMLベースのアプリケーションをデザインするためのMicrosoftのツールである。次の2015エディションのプレビューにおいてMicrosoftのプログラムマネージャーKino Aguilar氏は、ユーザーが見つけるであろういくつかの機能について説明した

現在のBlendユーザーにとってのビッグニュースとして、Blend 2015に含まれていないものがある。最初の変更は、HTMLコーダーはHTMLが必要な時にはVS2015を使うように指示されており、BlendはXAMLに注力を当てている。ふたつ目の変更は、SketchFlowの削除である。単一のHTML編集環境を持つことは理にかなっているが、SketchFlowの削除は2015時代には代替がない。SketchFlowが必要な場合は、Anguilar氏はVS Community 2013を提案する。

では、Blend 2015はなにが提供されるのか?はじめにUIはVisual Studioと一貫性を保つためにより暗いテーマを使用するように変更された。これは暗いパレットにより、プロジェクトのデザインに注力できるようにというMicrosoftの希望でもある。XAMLの編集には、IntelliSenseサポートの恩恵を受けることができるようになった。Blendでの基本的なデバッグのサポートとPeek in XAMLの追加。これはVisual Studioの定義をここに表示に似ており、開発者が他の場所に記述されたコードを調べるために、エディタ内のポップアップウィンドウを表示することができる。この機能により、アクティブなファイルを変更することによって、編集のコンテキストを失うリスクがなくなる。

Blendは、Visual Studio開発プロセス全体のうちの一部で使用するように設計されており、VSとBlendを切り替えたときにプロジェクトが自動的に再読み込みされるように構成することができる。これにより、気が変わったり、編集中の最新ファイルを忘れたりしたときに保存時間とエラーを削減することができる。

ソリューションエクスプローラーとチームエクスプローラーもBlendのロールを反映されるように改善された。たとえばGitとTFSリポジトリーは、現在のVisual Studioのプロセスと同じようにBlend内で管理できるようになった。NuGetもBlendに取り込まれ、Visual Studioに切り替えることなく内部でNuGetを管理できるようになった。

Blend 2015は現在、Visual Studio 2015 Previewをダウンロードすることで試すことができるようになっている。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

特集コンテンツ一覧

C# 8の非同期ストリーム

Bassam Alugili 2018年10月11日 午前3時13分

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。