BT

Ceylon 1.1 - OSGi, Vetr.x, 動的インターフェース,使用箇所分散,Promiseをサポート

| 作者: Abel Avram フォローする 8 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2014年11月3日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2014/10/11)へのリンク

Ceylon 1.1には動的なインターフェース,使用箇所分散(use-site variance),OSGiとVert.xによるデプロイメント,ceylon.promiseモジュール,IDE拡張,パフォーマンスの向上したコンパイラなどが付属する。

Red HatでCeylonプロジェクトのリーダを務めるGavin King氏は,同言語のバージョン1.1を発表した。コンパイラのパフォーマンス向上やこれまでのリリースのバグ修正に加えて,いくつかの分野で多くの新機能が提供されている。

言語には,次のようなサポートが拡張されている。

  • ネイティブなJavaScript APIをラップする動的インターフェース。
  • Javaジェネリクスと完全な相互互換性を有する使用箇所分散(use-site variance)
  • 匿名関数のパラメータの型推論
  • Byteクラスの最適化

モジュール性の面では,Ceylonの .car ファイルにOSGiとMavenのメタデータが追加されて,OSGiコンテナ内での実行が可能になった。CeylonモジュールをVert 2.1.xにデプロイすることもできる。

IDEが強化された。

  • コードフォーマッタ
  • 新しい7つのリファクタ方法
  • クイックフィックス
  • IntelliJ風の"チェーン補完(chain completion)"
  • 新しいエクスプローラービュー
  • JDTキーボードアクセラレータ
  • 参照箇所のクイック検索,最近編集したファイル,ブロックフォーマットなど

以下のモジュールがSDKに追加されている。

  • PromiseをクロスプラットフォームでサポートするPromise
  • 国際化をサポートするLocale
  • ログAPIのLogging

今後に向けて,King氏は次のようなロードマップを概説している

1.1.5

  • ほぼ完成しているシリアライゼーション。これによって,"JSベースのクライアントとJVMベースのサーバ間で,Ceylonオブジェクトの転送が可能になります。"
  • HTMLモジュールの改善。サーバとクライアント両方で使用可能なHTMLテンプレートが記述できるようになる。
  • Narayama Transaction Managerベースのトランザクションモジュール

1.2

今回のリリースでKing氏は,以下の課題に取り組もうとしている。

AndroidとIntelliJのサポートが望まれているが,対応の予定は提示されていない。また氏はDart VMをターゲットにすると公表しているが,現時点では何も決まっていない。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT