BT

Atlassian SummitにおけるGit関連トーク

| 作者: Rags Srinivas フォローする 11 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2014年11月4日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2014/10/19)へのリンク

Gitは、学ぶのにはそう時間がかからなくても、習熟するには一生かかるたぐいのツールの1つだ。最近開かれたAtlassian Summitで集められたビデオとスライドは、初心者はもちろんのこと、エキスパートにとっても素晴しいリソースだ。

もしまだ組織や会社でGitの導入を正当化しようと奮闘しているなら、Business Case for GitのTim Petersen氏のセッションから始めるとよいだろう。彼は分散型コードリポジトリとSubVersion (SVN)のような中央集中型リポジトリの違いを説明する。また、ブランチ、コードレビュー、プルリクエストなどについて解説し、それらをいかに連携させて、継続的かつコントロールされたリリースプロセスを実現するか説明する。最後に彼は、Gitを使わないのはビジネスリスクだと結んでいる。

Gitがブランチをどのように扱うのか、血まみれの詳細を理解する必要がなければ、Don’t Fear the Branch sessionはスキップして構わない。代わりに、Becoming a Git Masterへと進もう。“Back to the Future”を参照しながら、このセッションではGitユーザの役に立つ各種ツールを説明する。まずは、Git固有の詳細をプロンプトにまとめてくれるliquid-promptについて紹介する。

[rags:~/src/faban] master(+2/-0) 9s ±

これは私のリポジトリに関する情報、どのブランチにいるのか、どんな変更がなされたのかなど、を提供してくれる。たとえば、git checkoutをしてDetached Head状態にいる場合に情報を得るのに非常に役に立つ。このセッションでは、コンフリクトの解消方法についても説明する。ここでは、頻繁に使われるrebaseオプションやrerere(Reuse Recorded Resolutionを表す)のようなもっと難解なオプションについても説明する。そして最後に、Gitプロジェクトを壊す課題について語っている。

Sarah Goff-Dupont氏のセッションSuper-powered CI with Gitは、Gitがいかに継続的インテグレーション (CI)の柱であるか語り、ブランチ、ワークフロー、シャロークローン、Bambooを使ったブランチビルドトリガー(同じことは他のCIサーバでも実現可能だが)について語る。

Gitをオンプレミス環境にインストールしたいなら、Stefan Sassen氏のセッションScaling Gitは必見だ。Gitがローカルストアでオブジェクトをどのように扱うのか、何がパフォーマンスに影響するのかについて、かなり詳細に説明している。

まとめると、これらはGitの習得に役に立つリソースだ。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT