BT

VMware、vCloud Airをオーストラリアと日本に展開

| 作者: Janakiram MSV フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2014年11月24日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2014/11/06)へのリンク

VMwareのハイブリッドクラウドサービスvCloud Airが2015年のはじめにオーストラリアで利用可能になる予定だ。日本では今年の7月にローンチされたが、この数週間のうちに一般利用可能になる予定だ。

VMwareのハイブリッドクラウドvCloud Airを使うと、vSphereとvCenterを使っている顧客は、オンプレミス資産をパブリッククラウドに拡張することができる。これはもともと2013年に米国でvCloud Hybrid Service (vCHS) としてローンチされたサービスだが、ヨーロッパ、アジア(日本)、そしてオーストラリアにも展開される。

VMwareでハイブリッドクラウドサービスビジネス部門担当上級副社長兼ゼネラルマネージャを務めるBill Fathers氏は、vCloud Airがオーストラリアで利用可能になることを発表した。自身のデータセンター経由でサービスを提供するのとは別に、VMwareはパートナーを認定して、vCloud Air Networkブランドでハイブリッドクラウドサービスを提供する。オーストラリアでは20を超えるデータセンターを使い、アジア太平洋地域で最大規模のハイブリッドクラウドプロバイダーの1つだと述べている。顧客は来年はじめにサービスにサインナップできるようになる。

日本では7月にvCloud Airがローンチされたが、数週間のうちに一般利用可能になる。VMwareは日本の主要通信プロバイダであるソフトバンクと提携して、ハイブリッドクラウドサービスを提供する。Bill Fathers氏によると、50以上の顧客がベータプログラムに参加しており、自動的にvCloud Air GAに移行することになる。

今回の追加によって、VMware vCloud Airは米国、欧州、アジア太平洋で11ロケーションとなる。パブリッククラウドにとって、グローバル拠点は重要な側面だ。Microsoftは15のAzureデータセンターで業界をリードし、AWSは最近発表したドイツリージョンを含めて11になる。Google Cloud PlatformはUS Central、Europe West、Asia Eastの3リージョンで展開されている。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT