BT

InfoQ ホームページ ニュース PMIがBusiness Analysis CertificationとPractice Guideをローンチ

PMIがBusiness Analysis CertificationとPractice Guideをローンチ

ブックマーク

原文(投稿日:2014/11/27)へのリンク

先日のProject Management Institute Global Congressで,Business Analysis Practice Guideが発表された。今年11月にローンチされた,PMI-PBA(Professional in BusinessAnalysis)を補完するものだ。InfoQではBusiness Analysis and Requirements Program Managerを務めるDave Bieg氏に,今回のPractice Guideと認証について話を聞いた。

お時間を頂いてありがとうございます。まず最初に,あなたの職務と,PMI要件のコミュニティとの関わりについて説明して頂けますか?

私はPMIのBusiness Analysis and Requirements Program Managerです。

要件(Requirements)はPMIのRequirements Centerなどのイニシアティブにおいて,20年以上にわたって重視されてきた,極めて重要な領域です。PMI.orgやProjectManagement.comといった活発なコミュニティ,Pulse of Professionという詳細報告書,"Requirements Management: A Core Competency for Project and Program Success",11月にローンチされたPMI-PMASM資格,12月にローンチされた"The Business Analysis for Practitioners: A Practice Guide"など,さまざまなものがここに含まれます。

PMIがBusiness Analysisなど新たな認定や,今回のPractice Guideに取り組む理由は何なのでしょう?

PMIは産業界と実践家,どちらの要求にも応じたものを提供しています。先日のPulse of the Profession®報告書や"Requirements Management: A Core Competency for Project and Program Success"から,プロジェクトやプログラムの要件管理の稚拙さが原因で,10億米ドルの費用に対して5,100万ドルが無駄にされていることが分かりました。この報告書は,2014年3月に行われた調査研究の結果を詳細に説明したもので,組織におけるビジネス分析や要件をより深く理解し,プロジェクトやプログラムに活用することを目標としています。

この調査からは,要件の適切な実施に必要なリソースの不足,実践経験の欠如,要件管理の成熟度不足といった問題を抱えている組織が極めて多いことも分かりました。十分なリソースを備えている組織は49%,効果的な要件管理に必要な,認知および開発のためのスキルを十分に実践できている組織に至っては,4分の1にも過ぎなかったのです。

私たちの認定とPractice Guideは,これらのニーズに対処します。実践家や組織では,これらの問題を克服してプロジェクトとプログラムの効率性を向上し,より優れた要件管理を獲得するために,この2つを利用できます。

Practice Guideが対象とするものは何ですか?

ビジネス分析は,ビジネスニースの特定からソリューション評価に至るまで,さまざまなドメインでの活動に関わっています。これらドメインそれぞれに対して,それを支援するタスクやアクティビティがあります。Practice Guideではこのようなタスクを定義し,検討しています。それらタスクやアクティビティは,さまざまな定義を洗練して,次のようなビジネス分析上の重要面を明確にしてくれます。

  • 投資ポートフォリオのために,問題の識別あるいは機会の分析を明確化する。
  • ビジネス環境コンテキストと制約を理解する。
  • 要件を分析する。
  • 要件を確認する。
  • ソリューションを評価する。
  • その他多数

ガイドとしての特徴のひとつは,ビジネス分析の"How to"だけでなく,"What is"にも注目している点です。

Practice Guideの目的は何ですか?

プロジェクト要件の定義において重要な役割を持つビジネスアナリスト,自身のイニシアティブを擁護するスポンサなどの利害関係者が対象です。組織というものは,どのプロジェクトやプログラムにも,実証されたビジネスメリットを求めますから,これは非常に重要です。

認定は,どのような分野を対象にしているのでしょう?

PMI-PBASMが注目するのは,ビジネス分析における専門家たちです。ビジネス要件の定義において利害関係者と効率的に作業する能力や,プロジェクトないしプログラムでビジネス上の成果を上げる能力に注目しています。対象とするのは,次のようなドメインです。

  • ニーズ調査
  • 計画
  • 分析
  • トレーサビリティ&モニタリング
  • 評価

対象になるのは,どのような人たちですか?

PMI-PBA認証は,プロジェクト要件定義においてビジネスアナリストが担う役割に対処すべく,複数の専門家から意見を幅広く取り入れて開発されました。組織というものは,どのプロジェクトやプログラムにも,実証されたビジネスメリットを求めますから,これは非常に重要です。この認定によって,ビジネス分析実践者のスキルや知識,能力といったものの検証が可能になります。実践者にとっても同じように,組織内のビジネス分析を実行する際に,彼らの専門知識や経験を証明することができます。

さらに詳しい資料は,どこで見られるのでしょう?

要件について詳しく知るにはこちら

認定については こちら

Business Analysis for Practitioners,A Practice Guideについて,より詳しく学ぶにはこちらです。

 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

特集コンテンツ一覧

RESTlessnessに打ち勝つ

Matt McLarty 2019年3月13日 午前7時39分

.NET CLIクイックツアー

Jeremy Miller 2019年2月18日 午前1時55分

.NET CoreとDevOps

Dave Swersky 2019年2月6日 午後11時46分

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。